読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乱反射の光跡 in hatenablog

なみへいのブログです。hatenablogヴァージョン。

TPPを巡る動き、備忘録代わりに

TPPを巡る動きについて、目に止まったものだけになってしまうが、備忘録代わりにメモ。

9月29日、福井照衆院議員は、二階派総会で「西川公也先生の思いを強行採決という形で実現するよう頑張らせていただく」と発言。


9月30日、自民党は、福井照衆院議員をTPP特別委員会から外すことを決定。江藤拓議員へ差し替え。


10月7日、経団連自民党の高村副総裁、二階幹事長らと都内のホテルで懇談会。榊原会長はTPPや、パリ協定への早期の承認を求めた。


10月18日、山本有二農水相が、都内で開かれた佐藤勉議運委員長の会合で「強行採決するかどうかは佐藤さんが決める」と発言。


10月19日、衆院TPP特別委員会理事会で、山本農水相は発言を謝罪、撤回。辞任には応じず。


10月21日、参院TPP特別委員会の設置を議決。委員長は林芳正農水相

11月1日午前、自民党竹下亘民進党山井和則国対委員長が国会内で会談、2日の特別委員会での採決、4日の衆院本会議での採決をすることで合意。参院の両国対委員長も7日からの参院での審議入りを確認。


11月1日夜、都内で開かれた自民党議員のパーティで挨拶した山本有二農水相は「冗談を言ったら首になりそうに」と述べ、野党の批判を浴びることに。菅官房長官は山本氏に注意。

11月4日、衆議院本会議の告知。その中でTPP特別委員会が開会。野党の抗議の中、TPP承認案を強行採決。自民、公明、維新の賛成で可決。
佐藤勉衆院議運委員長は、「遺憾の意を表して」本会議の開催を中止、本会議でのTPP承認は週明けに。

11月7日、与党は8日のTPP承認案の本会議採決を見送ることを決定。カザフスタン共和国大統領の国会演説前に国会に混乱が生じることを避けたか。民進党山本有二農水相不信任決議案提出に向けて調整。

11月10日、衆院本会議で山本有二農水相不信任決議案を否決。その後、TPP協定の国会承認議案と関連法案を自民党公明党日本維新の会などの賛成多数で可決。民進党自由党社民党は採決に退席。共産党は採決で反対。

 

11月11日、TPP承認案と関連法案の審議が、参議院で審議入り。

 

とりあえず、大ざっぱだが。