乱反射の光跡 in hatenablog

なみへいのブログです。hatenablogヴァージョン。

2016(平成28)年度一般会計決算を読む その16 経済産業省

ここからは、経済産業省の歳出決算を見ていきます。これもまた、多岐にわたります。

 

経済産業省所管合計

  •  歳出予算額: 1兆3421億円
  •  前年度繰越: 1543億円
  •  予備費使用: 546億円
  • 歳出予算現額: 1兆5510億円
  • 支出済額  : 1兆2588億円
  • 翌年度繰越 : 2483億円
  • 不用額   : 438億円

 

 

経済産業本省

  •  歳出予算額: 3616.21億円
  •  前年度繰越: 93.17億円
  • 歳出予算現額: 3709.38億円
  • 支出済額  : 3234.81億円
  • 翌年度繰越 : 401.82億円
  • 不用額   : 72.76億円

 

「経済産業本省共通費」
  •  歳出予算額: 446.49億円
  •  前年度繰越: 9504万円
  • 歳出予算現額: 447.44億円
  • 支出済額  : 436.53億円
  • 翌年度繰越 : 3904万円
  • 不用額   : 10.52億円

 

「産業・事業新陳代謝促進費」
  • 歳出予算額: 7.40億円
  • 支出済額 : 6.88億円
  • 不用額  : 5168万円

 

この中には「女性活躍推進基盤整備事業委託費」「同事業補助金」「中小企業新事業創出促進対策事業委託費」などの項目が含まれています。どういう事業なんですかね。

 

独立行政法人経済産業研究所運営費交付金
  • 歳出予算額:14.38億円 …全額支出済

 

「技術革新促進・環境整備費」
  •  歳出予算額: 170.96億円
  •  前年度繰越: 10.70億円
  • 歳出予算現額: 181.66億円
  • 支出済額  : 166.21億円
  • 翌年度繰越 : 11.02億円
  • 不用額   : 4.43億円

 

この中では、「産業技術実用化開発事業費補助金」に157億円が支出されています。

 

「登録免許税納付確認等事務費特許特別会計へ繰入」
  • 歳出予算額: 1770万円 …全額支出済

 

「国立研究開発法人・産業技術総合研究所運営費交付金
  • 歳出予算額: 653.48億円 …全額支出済

 

「国立研究開発法人・新エネルギー・産業技術総合開発機構運営費交付金
  • 歳出予算額: 93.93億円 …全額支出済

 

「基準認証政策推進費」
  • 歳出予算額: 29.43億円
  • 支出済額 : 27.92億円
  • 不用額  : 1.51億円

 

この中では「工業標準化推進事業委託費」に21.6億円が支出されています。

 

独立行政法人製品評価技術基盤機構運営費交付金
  • 歳出予算額: 70.30億円 …全額支出済

 

「経済産業統計調査費」
  • 歳出予算額: 12.72億円
  • 支出済額 : 11.09億円
  • 不用額  : 1.63億円

 

「ものづくり産業振興費」
  • 歳出予算額: 306.39億円
  • 支出済額 : 247.00億円
  • 翌年度繰越: 56.95億円
  • 不用額  : 2.44億円

 

この中には「医療研究開発推進事業費補助金」「中小企業経営支援等対策費補助金」などが含まれています。

 

「サービス産業強化費」
  •  歳出予算額: 9.10億円
  •  前年度繰越: 4.82億円
  • 歳出予算現額: 13.92億円
  • 支出済額  : 11.50億円
  • 翌年度繰越 : 0円
  • 不用額   : 2.42億円

 

「科学技術イノベーション創造推進費」
  • 歳出予算額: 99.76億円
  • 支出済額 : 99.46億円
  • 不用額  : 2978万円

 

この中には「国立研究開発法人・新エネルギー・産業技術総合開発機構一般勘定運営費交付金」というのが含まれていて、81億円が予算計上され、全額が支出されています。

 

「情報技術利活用促進・セキュリティ対策推進費」
  •  歳出予算額: 96.84億円
  •  前年度繰越: 11.19億円
  • 歳出予算現額: 108.04億円
  • 支出済額  : 91.58億円
  • 翌年度繰越 : 8.00億円
  • 不用額   : 8.46億円

 

独立行政法人情報処理推進機構一般勘定運営費交付金
  • 歳出予算額: 72.47億円 …全額支出済

 

「国際交渉・連携推進費」
  •  歳出予算額: 105.55億円
  •  前年度繰越: 6.95億円
  • 歳出予算現額: 112.50億円
  • 支出済額  : 90.62億円
  • 翌年度繰越 : 17.66億円
  • 不用額   : 4.22億円

 

この中には「新興国市場開拓等事業費補助金」「アジア太平洋経済協力拠出金」「東アジア経済統合研究協力拠出金」「日アセアン経済産業協力拠出金」など、補助金、拠出金が多く含まれています。

 

独立行政法人日本貿易振興機構運営費」
  • 歳出予算額: 281.76億円 …全額支出済

 

「海外市場開拓支援費」
  •  歳出予算額: 52.68億円
  •  前年度繰越: 1586万円
  • 歳出予算現額: 52.84億円
  • 支出済額  : 48.26億円
  • 不用額   : 4.58億円

 

この中には「政府開発援助海外経済協力事業委託費」「政府開発援助海外開発計画調査委託費」など、政府開発援助に関する支出が含まれています。

 

「貿易投資促進費」
  •  歳出予算額: 8.48億円
  •  前年度繰越: 12.90億円
  • 歳出予算現額: 21.38億円
  • 支出済額  : 8.41億円
  • 翌年度繰越 : 8.01億円
  • 不用額   : 4.96億円

 

この中には「国際博覧会出展事業委託費」というものがあり、8億円の予算計上がされていますが、ほぼ全額が翌年度に繰り越されています。「不用額:447円」とあるのが不思議。

 

「政府開発援助貿易再保険特別会計へ繰入」
  • 歳出予算額: 16億円 …全額支出済

 

独立行政法人日本貿易保険出資金」
  • 歳出予算額: 650億円 …全額支出済

 

「貿易管理費」
  •  歳出予算額: 5.44億円
  •  前年度繰越: 4.77億円
  • 歳出予算現額: 10.21億円
  • 支出済額  : 7.72億円
  • 翌年度繰越 : 0円
  • 不用額   : 2.49億円

 

 

「地域経済活性化対策費」
  •  歳出予算額: 38.18億円
  •  前年度繰越: 18.72億円
  • 歳出予算現額: 56.91億円
  • 支出済額  : 39.67億円
  • 翌年度繰越 : 9.72億円
  • 不用額   : 7.51億円

 

この中には「新産業集積創出基盤構築支援事業委託費」「地域新成長産業創出促進事業費補助金」などが含まれています。

 

「沖縄振興公共投資交付金
  • 歳出予算額: 3365万円
  • 支出済額 : 0円
  • 翌年度繰越: 2361万円
  • 不用額  : 1005万円

 

…これは何だろう? 

 

「工業用水道事業費」
  •  歳出予算額: 34.54億円
  •  前年度繰越: 9.17億円
  • 歳出予算現額: 43.71億円
  • 支出済額  : 20.06億円
  • 翌年度繰越 : 22.73億円
  • 不用額   : 9198万円

 

「総合特区推進費補助金
  •  歳出予算額: 0円
  •  前年度繰越: 9.29億円
  • 歳出予算現額: 9.29億円
  • 支出済額  : 9.29億円
  • 翌年度繰越 : 0円
  • 不用額   : 0円

 

これは何だろう? 補助金はこの年度で終わり、ということかな? 不用額がでなかった理由も気になったりしますが。

 

環境政策推進費」
  • 歳出予算額: 7.62億円
  • 支出済額 : 6.47億円
  • 不用額  : 1.15億円

 

「産業保安費」
  •  歳出予算額: 32.72億円
  •  前年度繰越: 1.86億円
  • 歳出予算現額: 34.58億円
  • 支出済額  : 28.31億円
  • 翌年度繰越 : 1.80億円
  • 不用額   : 4.47億円

 

この中には「休廃止鉱山鉱害防止等工事費補助金」という項目があります。支出額は21.9億円。

 

「消費者行政推進費」
  • 歳出予算額: 17.06億円
  • 支出済額 : 6.52億円
  • 翌年度繰越: 2.72億円
  • 不用額  : 7.81億円

 

「不用額を生じたのは、事業規模の縮小により事業計画の変更があったので」という記述がありますが、この中に「消費者行政推進事業費補助金」という項目があります。

 

<消費者行政推進事業費補助金

  • 歳出予算額: 9.96億円
  • 支出済額 : 0円
  • 翌年度繰越: 2.72億円
  • 不用額  : 7.23億円

 

これはどういう事情があって支出0、不用額7億円となっているのか、気になります。

 

「化学物質管理推進費」
  •  歳出予算額: 7.34億円
  •  前年度繰越: 979万円
  • 歳出予算現額: 7.44億円
  • 支出済額  : 6.40億円
  • 翌年度繰越 : 1100万円
  • 不用額   : 9322万円

 

以上が経済産業本省の歳出決算になります。

 

経済産業省には、「経済産業局」「産業保安監督部」などの地方支分部局があります。

 

 

歳出–経済産業省経済産業局

 

経済産業局

  • 歳出予算額: 145.19億円
  • 支出済額 : 143.61億円
  • 不用額  : 1.58億円

 

経済産業局共通費」
  • 歳出予算額: 144.28億円
  • 支出済額 : 142.81億円
  • 不用額  : 1.47億円

 

「経済産業統計調査費」
  • 歳出予算額: 9153万円
  • 支出済額 : 8027万円
  • 不用額  : 1125万円

 

殆どが人件費、庁費といった「共通費」です。

 

 

歳出経済産業省–産業保安監督官署

 

産業保安監督官署

  • 歳出予算額: 27.01億円
  • 支出済額 : 26.54億円
  • 不用額  : 4702万円

 

「産業保安監督官署共通費」
  • 歳出予算額: 26.42億円
  • 支出済額 : 26.10億円
  • 不用額  : 3257万円

 

ここも、殆どが人件費、庁費等になっています。

 

「産業保安費」
  • 歳出予算額: 5919万円
  • 支出済額 : 4474万円
  • 不用額  : 1445万円

 

以上が地方支分部局の歳出決算になります。

 

経済産業省には、外局として「資源エネルギー庁」「特許庁」「中小企業庁」があります。

 

 

歳出–経済産業省資源エネルギー庁

 

資源エネルギー庁

  •  歳出予算額: 6532.19億円
  •  前年度繰越: 3.72億円
  •  予備費使用: 2.49億円
  • 歳出予算現額: 6538.40億円
  • 支出済額  : 6534.69億円
  • 翌年度繰越 : 5010万円
  • 不用額   : 3.20億円

 

資源エネルギー庁共通費」
  • 歳出予算額: 42.66億円
  • 支出済額 : 41.41億円
  • 不用額  : 1.25億円

 

「石油安定供給対策事業費補助金
  • 予備費使用: 2.49億円
  • 支出済額 : 1.14億円
  • 翌年度繰越: 5010万円
  • 不用額  : 8547万円

 

これには歳出予算は計上されておらず、「熊本地震復旧等予備費」の使用額、との説明があります。

 

「鉱物資源安定供給確保費」
  •  歳出予算額: 74.00億円
  •  前年度繰越: 3.72億円
  • 歳出予算現額: 77.72億円
  • 支出済額  : 76.62億円
  • 不用額   : 1.10億円

 

この中で一番多いのは「旧鉱物採掘区域防災対策費補助金」で、68億円が計上され、全額支出されています。

 

独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構運営費」
  • 歳出予算額: 37.06億円 …全額支出済

 

「石油石炭税財源 燃料安定供給対策及エネルギー需給構造高度化対策費 エネルギー対策特別会計へ繰入」
  • 歳出予算額: 4961.93億円 …全額支出済

 

やはりこれが最大の歳出となっています。

 

電源開発促進税財源 電源立地対策及電源利用対策費 エネルギー対策特別会計へ繰入」
  • 歳出予算額: 1361.50億円 …全額支出済

 

「電源立地対策費エネルギー対策特別会計へ繰入」
  • 歳出予算額: 55.03億円 …全額支出済

 

以上が、資源エネルギー庁の歳出決算の主な項目になります。これも内容を確認しようとすると、特別会計を見ていく必要がありそうです。

 

 

歳出–経済産業省中小企業庁

 

中小企業庁

  •  歳出予算額: 3100.24億円
  •  前年度繰越: 1446.14億円
  •  予備費使用: 543.95億円
  • 歳出予算現額: 5090.32億円
  • 支出済額  : 2648.81億円
  • 翌年度繰越 : 2081.06億円
  • 不用額   : 360.44億円

 

予備費使用額は、熊本地震復旧等予備費の使用額」だそうです。

 

中小企業庁共通費」
  • 歳出予算額: 22.83億円
  • 支出済額 : 22.05億円
  • 不用額  : 7771万円

 

 

「経営革新・創業促進費」
  •  歳出予算額: 1500.75億円
  •  前年度繰越: 1185.23億円
  •  予備費使用: 50.61億円
  • 歳出予算現額: 2736.60億円
  • 支出済額  : 1480.44億円
  • 翌年度繰越 : 1047.12億円
  • 不用額   : 209.04億円

 

この中で最も大きなものは「中小企業経営支援等対策費補助金」になります。

 

<中小企業経営支援等対策費補助金

  •  歳出予算額: 1275.03億円
  •  前年度繰越: 1180.23億円
  •  予備費使用: 27.60億円
  • 歳出予算現額: 2482.86億円
  • 支出済額  : 1271.28億円
  • 翌年度繰越 : 1025.53億円
  • 不用額   : 186.05億円

 

この項目も、内容が知りたくなります。

 

独立行政法人 中小企業基盤整備機構 運営費」
  • 歳出予算額: 184.20億円 …全額支出済

 

「中小企業事業環境整備費」
  •  歳出予算額: 1344.20億円
  •  前年度繰越: 86.94億円
  •  予備費使用: 493.33億円
  • 歳出予算現額: 1924.47億円
  • 支出済額  : 876.79億円
  • 翌年度繰越 : 1033.46億円
  • 不用額   : 14.22億円

 

この中には「中小企業海外展開等支援事業費補助金」「経営安定関連保証等基金補助金」「中小企業組合等共同施設等災害復旧費補助金」「株式会社日本政策金融公庫補助金」「同出資金」などが含まれています。

 

「経営安定・取引適正化費」
  •  歳出予算額: 48.26億円
  •  前年度繰越: 173.97億円 …予算より多い
  • 歳出予算現額: 222.22億円
  • 支出済額  : 85.33億円
  • 翌年度繰越 : 4900万円 …やたら少なくなりました
  • 不用額   : 136.40億円

 

「不用額を生じたのは、事業規模が予定を下回ったこと及び事業内容の見直しによる事業計画の変更があったことにより」と記載されています。

 

以上が、中小企業庁の主な歳出決算になります。

 

ここまでが、経済産業省所管の歳出決算になります。

2016(平成28)年度一般会計決算を読む その15 農林水産省

歳出–農林水産省

少し間が開いてしまいました。ここからは、農林水産省の決算を見ていきます。農林水産省も、項目が多岐にわたります。

農林水産省所管合計

  •  歳出予算額: 2兆9319億円
  •  全根の繰越: 3004億円
  •  予備費使用: 170億円
  • 歳出予算現額: 3兆2493億円
  • 支出済額  : 2兆5842億円
  • 翌年度繰越 : 5759億円
  • 不用額   : 892億円

予備費使用額は、熊本地震復旧等予備費の使用額」とされています。これは以下の項目でも同様の理由が記載されています。


歳出–農林水産本省

農林水産本省

  •  歳出予算額: 2兆0958億円
  •  前年度繰越: 2064億円
  •  予備費使用: 138億円
  • 歳出予算現額: 2兆3160億円
  • 支出済額  : 1兆8455億円
  • 翌年度繰越 : 4089億円
  • 不用額   : 616億円

「農林水産本省共通費」
  • 歳出予算額: 926.22億円
  • 支出済額 : 888.58億円
  • 不用額  : 37.63億円

「食品の安全・消費者の信頼確保対策費」
  • 歳出予算額: 15.60億円
  • 支出済額 : 12.41億円
  • 不用額  : 3.19億円

独立行政法人農林水産消費安全技術センター運営費交付金
  • 歳出予算額: 67.16億円 …全額支出済
「国産農産物消費拡大対策費」
  •  歳出予算額: 22.87億円
  •  前年度繰越: 6.47億円
  • 歳出予算現額: 29.34億円
  • 支出済額  : 25.76億円
  • 翌年度繰越 : 3113万円
  • 不用額   : 3.27億円
「農林水産物・食品輸出促進対策費」
  •  歳出予算額: 108.43億円
  •  前年度繰越: 772万円
  • 歳出予算現額: 108.50万円
  • 支出済額  : 42.08億円 …予算現額の約39%
  • 翌年度繰越 : 62.27億円 …予算現額の約57%
  • 不用額   : 4.16億円

「不用額を生じたのは、農林水産物・食品輸出促進対策事業が予定を下回ったこと等により」との記述があります。

「食料安全保障確立対策費」
  •  歳出予算額: 218.71億円
  •  前年度繰越: 4779万円
  • 歳出予算現額: 219.19億円
  • 支出済額  : 195.48億円
  • 翌年度繰越 : 19.09億円
  • 不用額   : 4.62億円

「不用額を生じたのは、家畜伝染病の発生が少なかったので」ということだそうです。


「食料安全保障確立対策費食料安定供給特別会計へ繰入」
  • 歳出予算額: 956億円 …全額支出済
「担い手育成・確保等対策費」
  •  歳出予算額: 3135.19億円
  •  前年度繰越: 80.12億円
  •  予備費使用: 61.47億円
  • 歳出予算現額: 3276.78億円
  • 支出済額  : 2986.93億円
  • 翌年度繰越 : 211.92億円
  • 不用額   : 77.93億円

この中には「担い手育成・確保等対策地方公共団体事業費補助金」などの「担い手育成・確保等対策」のための支出の他、「農林漁業団体職員共済組合」に関する支出、「経営所得安定対策交付金(支出:708億円)」、「株式会社日本政策金融公庫補給金(支出:172億円)」「同出資金(支出:22億円)」などが含まれています。

独立行政法人・農業者年金基金運営費」
  • 歳出予算額: 33.10億円 …全額支出済
「農業経営安定事業費等食料安定供給特別会計へ繰入」
  • 歳出予算額: 1019.97億円
  • 支出済額 : 1018.17億円
  • 不用額  : 1.80億円

「不用額を生じたのは、食料安定供給特別会計の農業経営安定勘定において予備費を使用しなかったこと等のため」だそうです。

「共済掛金国庫負担金等食料安定供給特別会計へ繰入」
  • 歳出予算額: 514.99億円 …全額支出済

「農地集積・集約化等対策費」
  •  歳出予算額: 573.79億円
  •  前年度繰越: 19.07億円
  • 歳出予算現額: 592,86億円
  • 支出済額  : 324.56億円 …予算現額の約55%
  • 翌年度繰越 : 214.44億円
  • 不用額   : 53.86億円

「不用額を生じたのは、事業規模の縮小によって都道府県からの交付申請額が予定を下回ったこと及び事業規模の見直しによる事業計画の変更があったことにより」とあります。


「農業生産基盤整備推進費」
  •  歳出予算額: 82.85億円
  •  前年度繰越: 51.13億円
  • 歳出予算現額: 133.99億円
  • 支出済額  : 30.71億円 …歳出予算額の約37%
  • 翌年度繰越 : 47.83億円
  • 不用額   : 55.45億円

「不用額を生じたのは、事業規模の見直しにより事業計画の変更をしたので」ということだそうです。


「海岸事業費」
  •  歳出予算額: 29.62億円
  •  前年度繰越: 3.11億円
  • 歳出予算現額: 32.73億円
  • 支出済額  : 29.64億円
  • 翌年度繰越 : 2.99億円
  • 不用額   : 1004万円

「農業生産基盤整備事業費」
  •  歳出予算額: 2763.49億円
  •  前年度繰越: 608.79億円
  •  予備費使用: 10.76億円
  • 歳出予算現額: 3383.04億円
  • 支出済額  : 2040.70億円
  • 翌年度繰越 : 1298.80億円
  • 不用額   : 43.54億円

「農業生産基盤整備」の「推進費」と「事業費」、項目を細かく見ていくと、「推進費」の中には調査費、調査等地方公共団体委託費、などが含まれています。
一方の「事業費」には、「かんがい排水事業費(支出:490億円)」「農用地再編整備事業費(支出:33億円)」「地すべり対策事業費(支出:11億円)」「農業競争力強化基盤整備事業費補助(支出:690億円)」「農村地域防災減災事業費補助(支出:506億円)」などの項目があります。
「推進費」は計画策定のための調査・企画事業、「事業費」は計画実行経費、ということになるでしょうか。

「水資源開発事業費–農業生産基盤整備事業費補助」
  •  歳出予算額: 71.26億円
  •  前年度繰越: 6.92億円
  • 歳出予算現額: 78.18億円
  • 支出済額  : 58.61億円
  • 翌年度繰越 : 19.57億円
  • 不用額   : 0円

「沖縄開発事業費」
  •  歳出予算額: 118.75億円
  •  前年度繰越: 32.01億円
  • 歳出予算現額: 150.76億円
  • 支出済額  : 133.35億円
  • 翌年度繰越 : 16.91億円
  • 不用額   : 5010万円

これには「かんがい排水事業費(支出:69億円)」「農業生産基盤整備事業費補助(支出:63億円)」などが含まれています。


「農業生産基盤整備事業費食料安定供給特別会計へ繰入」
  •  歳出予算額: 155.18億円
  •  前年度繰越: 40.47億円
  • 歳出予算現額: 195.65億円
  • 支出済額  : 141.32億円
  • 翌年度繰越 : 47.44億円
  • 不用額   : 6.89億円

「不用額を生じたのは、食料安定供給特別会計の国営土地改良事業勘定において総合農地防災事業費及びかんがい排水事業費を要することが少なかったこと等のため」だそうです。
詳しくは、特別会計を見る必要があるでしょうか。


「北海道特定特別総合開発事業推進費」
  • 歳出予算額: 1.27億円
  • 支出済額 : 1.27億円
  • 不用額  : 432円

「国産農産物生産・供給体制強化対策費」
  •  歳出予算額: 5065.16億円
  •  前年度繰越: 167.46億円
  •  予備費使用: 9.04億円
  • 歳出予算現額: 5241.66億円
  • 支出済額  : 4231.19億円
  • 翌年度繰越 : 834.51億円
  • 不用額   : 175.95億円

この中には「国産農産物生産・供給体制強化対策調査等委託費(支出:1.6億円)」「同対策事業費補助金(支出:671億円)」「同対策地方公共団体整備費補助金(支出:1.5億円)」などが含まれています。他にも「野菜価格安定対策費補助金(支出:2億円)」「さとうきび・でん粉原料用かんしょ生産者経営安定対策事業費補助金(支出:3298万円)」「飼料自給率向上対策費補助金(支出:8.5億円)」「鶏卵価格安定対策費補助金(支出:21億円)」というのもあります。
この中で最も多額なのが、「水田活用直接支払交付金」になります。

<水田活用直接支払交付金

  • 歳出予算額: 3221.65億円
  • 支出済額 : 3167.50億円
  • 不用額  : 54.15億円

「牛肉等関税財源国産畜産物生産・供給体制強化対策費」
  • 歳出予算額: 597.60億円
  • 支出済額 : 592.64億円
  • 不用額  : 4.96億円

独立行政法人農畜産業振興機構運営費」
  • 歳出予算額: 16.87億円 …全額支出済
独立行政法人家畜改良センター運営費」
  • 歳出予算額: 73.94億円 …全額支出済
農林水産政策研究所
  • 歳出予算額: 8.48億円
  • 支出済額 : 8.04億円
  • 不用額  : 4394万円

「先端技術活用生産・流通体制強化対策費」
  •  歳出予算額: 16.61億円
  •  前年度繰越: 22.20億円
  • 歳出予算現額: 38.81億円
  • 支出済額  : 34.02億円
  • 翌年度繰越 : 7226万円
  • 不用額   : 4.07億円

「不用額を生じたのは、農業労働力最適活用支援総合対策事業費補助金において事業規模の縮小によって民間団体からの交付申請額が予定を下回ったこと等により」だそうです。


「国立研究開発法人・農業・食品産業技術総合研究機構運営費」
  • 歳出予算額: 16.78億円 …全額支出済

「農業・食品産業強化対策費」
  •  歳出予算額: 333.60億円
  •  前年度繰越: 111.49億円
  •  予備費使用: 56.04億円
  • 歳出予算現額: 501.13億円
  • 支出済額  : 242.59億円
  • 翌年度繰越 : 241.29億円
  • 不用額   : 17.25億円

農林水産業ロボット技術活用推進費」
  • 歳出予算額: 8994万円
  • 支出済額 : 8450万円
  • 不用額  : 545万円
農林水産業気候変動・生物多様性保全等対策費」
  • 歳出予算額: 1.03億円
  • 支出済額 : 9507万円
  • 不用額  : 786万円
環境保全型農業生産対策費」
  • 歳出予算額: 25.49億円
  • 支出済額 : 24.93億円
  • 不用額  : 5565万円
「農村地域資源維持・継承等対策費」
  •  歳出予算額: 747.72億円
  •  前年度繰越: 320万円
  • 歳出予算現額: 747.76億円
  • 支出済額  : 741.19億円
  • 翌年度繰越 : 0円
  • 不用額   : 6.56億円
「地方創生整備推進交付金
  • 歳出予算額: 95.20億円
  • 支出済額 : 68.43億円
  • 翌年度繰越: 26.48億円
  • 不用額  : 2972万円
農山漁村6次産業化対策費」
  •  歳出予算額: 42.34億円
  •  前年度繰越: 3.63億円
  • 歳出予算現額: 45.98億円
  • 支出済額  : 34.87億円
  • 翌年度繰越 : 2.58億円
  • 不用額   : 8.52億円

「不用額を生じたのは、事業規模の縮小によって道府県からの交付申請額及び 6 次産業化ネットワーク活動推進交付金が予定を下回ったこと等により」とあります。

「都市農村交流棟対策費」
  •  歳出予算額: 4.84億円
  •  前年度繰越: 4.00億円
  • 歳出予算現額: 8.84億円
  • 支出済額  : 5.65億円
  • 翌年度繰越 : 2.43億円
  • 不用額   : 7606万円

「不用額を生じたのは、事業規模の縮小によって民間団体からの交付申請額が予定を下回ったこと等により」とあります。

「沖縄振興公共投資交付金
  •  歳出予算額: 127.46億円
  •  前年度繰越: 34.57億円
  • 歳出予算現額: 162.03億円
  • 支出済額  : 133.16億円
  • 翌年度繰越 : 28.50億円
  • 不用額   : 3814万円
農山漁村活性化対策費」
  •  歳出予算額: 184.00億円
  •  前年度繰越: 14.74億円
  • 歳出予算現額: 198.74億円
  • 支出済額  : 187.27億円
  • 翌年度繰越 : 6.95億円
  • 不用額   : 4.51億円
農山漁村地域整備交付金
  •  歳出予算額: 873.20億円
  •  前年度繰越: 156.40億円
  • 歳出予算現額: 1029.60億円
  • 支出済額  : 873.48億円
  • 翌年度繰越 : 155.34億円
  • 不用額   : 7885万円
「北海道開発事業費」
  •  歳出予算額: 1156.00億円
  •  前年度繰越: 547.44億円
  • 歳出予算現額: 1703.44億円
  • 支出済額  : 1195.00億円
  • 翌年度繰越 : 486.58億円
  • 不用額   : 21.87億円

この中には「かんがい排水事業費(支出:352億円)」「農業競争力強化基盤整備事業費補助(支出:339億円)」「農用地再編整備事業費(支出:284億円)」などが含まれています。


「離島振興事業費」
  •  歳出予算額: 147.11億円
  •  前年度繰越: 37.05億円
  • 歳出予算現額: 184.16億円
  • 支出済額  : 144.82億円
  • 翌年度繰越 : 38.14億円
  • 不用額   : 1.19億円

「農林水産統計調査費」
  • 歳出予算額: 37.88億円
  • 支出済額 : 34.26億円
  • 不用額  : 3.62億円
「農業生産基盤整備事業調査諸費」
  • 歳出予算額: 11.51億円
  • 支出済額 : 10.52億円
  • 不用額  : 9893万円

「農業施設災害復旧事業費」
  •  歳出予算額: 506.33億円
  •  前年度繰越: 77.70億円
  •  予備費使用: 2162万円
  • 歳出予算現額: 584.24億円
  • 支出済額  : 220.65億円
  • 翌年度繰越 : 312.82億円
  • 不用額   : 50.77億円

「不用額を生じたのは、事業規模の縮小によって道府県からの交付申請額が予定を下回ったこと、事業規模の見直しによる事業計画の変更があったこと等により」とあります。

以上が、農林水産本省の主な歳出項目になります。やはり実際にどのような対象、事業に支出されているのかについては、具体的には理解できない項目が多くあります。農林水産業についての、僕の理解不足もあると思いますが。


歳出–農林水産省–農林水産本省検査指導機関

農林水産本省検査指導機関

  •  歳出予算額: 153.59億円
  •  前年度繰越: 8.04億円
  • 歳出予算現額: 161.63億円
  • 支出済額  : 154.31億円
  • 翌年度繰越 : 1.89億円
  • 不用額   : 5.43億円

これも、事項別に見ていきます。

<事項別:植物防疫所に必要な経費>
  •  歳出予算額: 81.79億円
  •  流用額  : -254万円
  • 歳出予算現額: 81.76億円
  • 支出済額  : 79.72億円
  • 差引額   : 2.04億円
<事項別:動物検疫所に必要な経費>
  •  歳出予算額: 36.57億円
  •  流用額  : +484万円
  • 歳出予算現額: 36.62億円
  • 支出済額  : 36.27億円
  • 差引額   : 157万円
<事項別:動物医薬品検査所に必要な経費>
  •  歳出予算額: 6.74億円
  •  流用額  : -231万円
  • 歳出予算現額: 6.72億円
  • 支出済額  : 6.71億円
  • 差引額   : 157万円
<事項別:食品の安全と消費者の信頼確保対策に必要な経費>
  • 歳出予算額: 3.22億円
  • 支出済額 : 3.06億円
  • 差引額  : 1576万円
<事項別:食料安全保障確立対策に必要な経費>
  • 歳出予算額: 21.02億円
  • 支出済額 : 20.19億円
  • 差引額  : 8283万円

主なものは人件費と「検査検疫庁費」になります。


歳出–農林水産省–農林水産技術会議

農林水産技術会議

  •  歳出予算額: 829.30億円
  •  前年度繰越: 7544万円
  • 歳出予算現額: 821.06億円
  • 支出済額  : 815.87億円
  • 翌年度繰越 : 2.73億円
  • 不用額   : 2.46億円
「農林水産技術会議共通費」
  • 歳出予算額: 22.87億円
  • 支出済額 : 22.08億円
  • 不用額  : 7940万円
農林水産業研究開発・技術移転推進費」
  • 歳出予算額: 93.20億円
  • 支出済額 : 91.78億円
  • 不用額  : 1.42億円
「国立研究開発法人・農業・食品産業技術総合研究機構基礎的研究業務勘定運営費交付金
  • 歳出予算額: 29.25億円 …全額支出済
「国立研究開発法人・農業・食品産業技術総合研究機構運営費」
  • 歳出予算額: 628.92億円 …全額支出済
「国立研究開発法人・国際農林水産業研究センター運営費交付金
  • 歳出予算額: 35.46億円 …全額支出済


歳出–農林水産省地方農政局

地方農政局

  •  歳出予算額: 847.03億円
  •  前年度繰越: 7789万円
  • 歳出予算現額: 847.80億円
  • 支出済額  : 823.68億円
  • 翌年度繰越 : 2.35億円
  • 不用額   : 21.77億円
地方農政局」(人件費・庁費など)
  •  歳出予算額: 652.90億円
  •  前年度繰越: 7663万円
  • 歳出予算現額: 653.67億円
  • 支出済額  : 633.97億円
  • 翌年度繰越 : 1.17億円
  • 不用額   : 18.52億円

繰越額は「移転費」に充てられています。複数年度の支払い、と考えられます。

「農業生産基盤整備事業工事諸費」
  • 歳出予算額: 186.98億円
  • 支出済額 : 184.17億円
  • 不用額  : 2.81億円


地方農政局」とは別に「北海道農政事務所」の歳出が計上されています。

歳出–農林水産省–北海道農政事務所

北海道農政事務所

  • 歳出予算額: 45.50億円
  • 支出済額 : 44.51億円
  • 不用額  : 9889万円

内容は他の部署にも一般的に計上されている人件費、丁費。土地建物賃料などになっています。これは内閣府に置かれた「沖縄総合事務局」と同じように、本省などで計画された事業の事務処理を現地で行っている、ということでしょうか。

農林水産省には、外局として「林野庁」「水産庁」があります。

歳出–農林水産省林野庁

林野庁

  •  歳出予算額: 4129.32億円
  •  前年度繰越: 553.76億円
  •  予備費使用: 32.41億円
  • 歳出予算現額: 4715.50億円
  • 支出済額  : 3315.43億円
  • 翌年度繰越 : 1208.33億円
  • 不用額   : 191.74億円
林野庁共通費」
  • 歳出予算額: 327.77億円
  • 支出済額 : 316.99億円
  • 不用額  : 10.78億円
「国立研究開発法人・森林総合研究所運営費交付金
  • 歳出予算額: 101.85億円 …全額支出済
「森林整備・保全費」
  •  歳出予算額: 73.98億円
  •  前年度繰越: 1.99億円
  • 歳出予算現額: 75.97億円
  • 支出済額  : 70.15億円
  • 翌年度繰越 : 1.38億円
  • 不用額   : 4.44億円
国有林野産物等売払及管理処分事業費」
  • 歳出予算額: 186.88億円
  • 支出済額 : 171.91億円
  • 不用額  : 14.97億円
「治山事業費」
  •  歳出予算額: 560.24億円
  •  前年度繰越: 111.07億円
  •  予備費使用: 10.22億円
  • 歳出予算現額: 681.53億円
  • 支出済額  : 539.17億円
  • 翌年度繰越 : 134.41億円
  • 不用額   : 7.95億円
「北海道開発事業費」
  •  歳出予算額: 154.18億円
  •  前年度繰越: 15.35億円
  • 歳出予算現額: 169.53億円
  • 支出済額  : 132.18億円
  • 翌年度繰越 : 36.33億円
  • 不用額   : 1.02億円
「離島振興事業費」
  •  歳出予算額: 17.12億円
  •  前年度繰越: 5.28億円
  • 歳出予算現額: 22.40億円
  • 支出済額  : 16.59億円
  • 翌年度繰越 : 5.48億円
  • 不用額   : 3249万円
「沖縄開発事業費」
  •  歳出予算額: 6.29億円
  •  前年度繰越: 1.05億円
  • 歳出予算現額: 7.34億円
  • 支出済額  : 6.35億円
  • 翌年度繰越 : 5885万円
  • 不用額   : 3053万円
「森林整備事業費」
  •  歳出予算額: 1332.03億円
  •  前年度繰越: 223.87億円
  •  予備費使用: 6.22億円
  • 歳出予算現額: 1562.12億円
  • 支出済額  : 1198.68億円
  • 翌年度繰越 : 336.29億円
  • 不用額   : 27.15億円

地域再生推進費–地域再生基盤強化交付金
  •  歳出予算額: 0円
  •  前年度繰越: 42.25億円
  • 歳出予算現額: 42.25億円
  • 支出済額  : 40.69億円
  • 翌年度繰越 : 8697万円
  • 不用額   : 6861万円

これは予算としては計上されず、繰越額の中からだけの支出になっています。

「地方創生基盤整備事業推進費–地方創生整備推進交付金
  • 歳出予算額: 96.30億円
  • 支出済額 : 54.86億円
  • 翌年度繰越: 41.40億円
  • 不用額  : 362万円
「借入金利国有林野事業債務管理特別会計へ繰入」
  • 歳出予算額: 44.65億円 …ほぼ全額支出済
  • 不用額: 449円

この「不用額」は、何でなのか気になりますが。

国有林野事業収入財源借入金債務処理費国有林野事業債務管理特別会計へ繰入」
  • 歳出予算額: 116.09億円
  • 支出済額 : 115.64億円
  • 不用額  : 4516万円

「不用額を生じたのは、国有林野事業債務管理特別会計において一時借入金利子の支払がなかったため」だそうです。

林業振興対策費」
  •  歳出予算額: 66.34億円
  •  前年度繰越: 3.00億円
  • 歳出予算現額: 69.34億円
  • 支出済額  : 68.32億円
  • 翌年度繰越 : 0円 …繰り越していません。
  • 不用額   : 1.01億円
「森林整備・林業等振興対策費」
  •  歳出予算額: 393.01億円
  •  前年度繰越: 17.04億円
  • 歳出予算現額: 410.04億円
  • 支出済額  : 65.85億円 …当初予算の約17%
  • 翌年度繰越 : 343.18億円
  • 不用額   : 1.01億円

「不用額を生じたのは、森林・林業再生基盤づくり交付金において契約価格が予定を下回ったこと等により」とあります。中身は全て交付金で、「振興整備交付金」「振興推進交付金」「再生整備交付金」の3つになります。このうち、翌年度に繰り越されているのは「振興整備交付金」のみになっています。


「治山事業工事諸費」
  •  歳出予算額: 55.91億円
  •  前年度繰越: 2117万円
  • 歳出予算現額: 56.12億円
  • 支出済額  : 54.18億円
  • 翌年度繰越 : 1670万円
  • 不用額   : 1.77億円
「森林整備事業工事書費」
  • 歳出予算額: 82.03億円
  • 支出済額 : 79.72億円
  • 不用額  : 2.31億円

上のふたつの項目の中には、「林野庁共通費」とは別に人件費が計上されています。専用に職員を雇用している、ということなのでしょうか。地方で地元の住民を職員として雇っているとか?
ちょっとわかりません。


「山林施設災害復旧事業費」
  •  歳出予算額: 188.26億円
  •  前年度繰越: 58.67億円
  •  予備費使用: 1.42億円
  • 歳出予算現額: 248.36億円
  • 支出済額  : 107.44億円 …予算額の約57%、予算現額の約43%
  • 翌年度繰越 : 136.67億円
  • 不用額   : 4.24億円
「山林施設災害関連事業費」
  •  歳出予算額: 258.30億円
  •  前年度繰越: 50.11億円
  •  予備費使用: 14.44億円
  • 歳出予算現額: 322.85億円
  • 支出済額  : 73.39億円 …予算額の約28%、予算現額の約23%
  • 翌年度繰越 : 139.26億円
  • 不用額   : 110.20億円

「不用額を生じたのは、治山施設の災害関連事業が少なかったこと、事業規模の見直しによる事業計画の変更があったこと等により」という記述があります。
この中の小項目「災害関連緊急治山等事業費補助」に175億円が計上され、支出が29億円、73億円を翌年度に繰り越し、102億円が不用額として計上されています。

「山林施設災害復旧事業等工事諸費」
  •  歳出予算額: 6078万円
  •  前年度繰越: 5174万円
  •  予備費使用: 1013万円
  • 歳出予算現額: 1.23億円
  • 支出済額  : 3456万円
  • 翌年度繰越 : 6380万円
  • 不用額   : 2429万円

「不用額を生じたのは、山林施設災害関連事業が少なかったこと等により、日額旅費を要することが少なかったこと等のため」となっています。

ここまでが、林野庁の主な歳出項目になります。


歳出–農林水産省水産庁

水産庁

  •  歳出予算額: 2365.02億円
  •  前年度繰越: 376.33億円
  •  予備費使用: 5000万円
  • 歳出予算現額: 2741.85億円
  • 支出済額  : 2233.11億円
  • 翌年度繰越 : 455.01億円
  • 不用額   : 53.72億円
水産庁共通費」
  • 歳出予算額: 76.57億円
  • 支出済額 : 75.15億円
  • 不用額  : 1.42億円
「食料安全保障確立対策費」
  • 歳出予算額: 5.35億円
  • 支出済額 : 5.26億円
  • 不用額  : 894万円

「国立研究開発法人・水産研究・教育機構運営費」
  • 歳出予算額: 171.67億円 …全額支出済

この内訳には「研究・教育勘定」「海洋水産資源開発勘定」の2つの「勘定」があります。

「水産資源回復対策費」
  •  歳出予算額: 253.19億円
  •  前年度繰越: 3.39億円
  • 歳出予算現額: 256.58億円
  • 支出済額  : 245.05億円
  • 翌年度繰越 : 0円
  • 不用額   : 11.52億円
「漁業経営安定対策費」
  •  歳出予算額: 593.58億円
  •  前年度繰越: 58.08億円
  • 歳出予算現額: 651.66億円
  • 支出済額  : 540.46億円
  • 翌年度繰越 : 97.91億円
  • 不用額   : 13.29億円

この支出の大半は「補助金」となっています。予算現額574億円、支出526億円、不用額11億円、等となっています。

「保険料国庫負担金等食料安定供給特別会計へ繰入」
  • 歳出予算額: 169.20億円
  • 支出済額 : 168.43億円
  • 不用額  : 7694万円
「漁村振興対策費」
  •  歳出予算額: 80.20億円
  •  前年度繰越: 30.50億円
  • 歳出予算現額: 110.70億円
  • 支出済額  : 72.09億円
  • 翌年度繰越 : 19.92億円
  • 不用額   : 18.68億円

「不用額を生じたのは、事業規模の縮小によって民間団体からの交付申請額が予定を下回ったこと、事業規模の見直しによる事業計画の変更があったこと等により」となっています。

「沖縄北部連携促進特別振興事業費補助金
  •  歳出予算額: 7.49億円
  •  前年度繰越: 4.04億円
  • 歳出予算現額: 11.53億円
  • 支出済額  : 7.92億円
  • 翌年度繰越 : 3.41億円
  • 不用額   : 1983万円
「水産基盤整備費」
  •  歳出予算額: 412.42億円
  •  前年度繰越: 110.57億円
  •  予備費使用: 5000万円
  • 歳出予算現額: 523.48億円
  • 支出済額  : 344.18億円
  • 翌年度繰越 : 178.09億円
  • 不用額   : 1.21億円
「北海道開発事業費」
  •  歳出予算額: 256.69億円
  •  前年度繰越: 46.54億円
  • 歳出予算現額: 303.23億円
  • 支出済額  : 275.46億円
  • 翌年度繰越 : 26.56億円
  • 不用額   : 1.21億円
「離島振興事業費–水産基盤整備事業費補助」
  •  歳出予算額: 137.90億円
  •  前年度繰越: 52.52億円
  • 歳出予算現額: 190.42億円
  • 支出済額  : 141.14億円
  • 翌年度繰越 : 47.31億円
  • 不用額   : 9640万円
「沖縄開発事業費–水産基盤整備事業費補助」
  •  歳出予算額: 37.99億円
  •  前年度繰越: 15.87億円
  • 歳出予算現額: 53.86億円
  • 支出済額  : 41.26億円
  • 翌年度繰越 : 12.36億円
  • 不用額   : 2359万円
「地方創生整備推進交付金
  • 歳出予算額: 12.96億円
  • 支出済額 : 7.02億円
  • 翌年度繰越: 5.93億円
  • 不用額  : 0円
水産業強化対策費」
  •  歳出予算額: 43.99億円
  •  前年度繰越: 40.37億円
  • 歳出予算現額: 84.36億円
  • 支出済額  : 68.37億円
  • 翌年度繰越 : 14.90億円
  • 不用額   : 1.09億円
「風水害対策費–養殖施設災害復旧事業費補助金
  • 歳出予算額: 4.29億円
  • 支出済額 : 2.39億円
  • 翌年度繰越: 4649万円
  • 不用額  : 1.43億円
「漁港施設災害復旧事業費」
  •  歳出予算額: 66.91億円
  •  前年度繰越: 10.05億円
  • 歳出予算現額: 76.97億円
  • 支出済額  : 32.73億円
  • 翌年度繰越 : 43.36億円
  • 不用額   : 8806万円
「漁港施設災害関連事業費」
  •  歳出予算額: 1.16億円
  •  前年度繰越: 4649万円
  • 歳出予算現額: 1.62億円
  • 支出済額  : 1.26億円
  • 翌年度繰越 : 1303万円
  • 不用額   : 2363万円

ここまでが、水産庁の歳出決算の主な項目になります。

 

以上が、農林水産省所管の決算報告ということになります。様々な分野で支出されている補助金交付金の行方が少し気になったりします。

 

2016(平成28)年度一般会計決算を読む(その14)厚生労働省

歳出–厚生労働省

ここからは厚生労働省所管の歳出決算を見ていきます。厚生労働省も、項目が多岐にわたります。

厚生労働省所管

  •  歳出予算額: 30兆9307.85億円
  •  前年度繰越: 6395.85億円
  •  予備費使用: 3.95億円
  • 歳出予算現額: 31兆5707.66億円
  • 支出済額  : 30兆6447.00億円
  • 翌年度繰越 : 5777.03億円
  • 不用額   : 3483.63億円

予備費使用額」は、熊本地震復旧等予備費の使用額になります。

厚生労働本省

  •  歳出予算額: 30兆7517.29億円
  •  前年度繰越: 6353.67億円
  •  予備費使用: 3.95億円
  • 歳出予算現額: 31兆3874.91億円
  • 支出済額  : 30兆4696.50億円
  • 翌年度繰越 : 5724.58億円
  • 不用額   : 3453.84億円

「厚生労働本省共通費」
  •  歳出予算額: 1001.81億円
  •  前年度繰越: 12.74億円
  • 歳出予算現額: 1014.55億円
  • 支出済額  : 994.04億円
  • 翌年度繰越 : 1.85億円
  • 不用額   : 18.66億円

「医療提供体制確保対策費」
  • 歳出予算額: 61.49億円
  • 支出済額 : 42.37億円
  • 翌年度繰越: 10.18億円
  • 不用額  : 8.94億円
「医療従事者等確保対策費」
  • 歳出予算額: 11.94億円
  • 支出済額 : 11.15億円
  • 不用額  : 7876万円

「医療従事者資質向上対策費」
  • 歳出予算額: 102.17億円
  • 支出済額 : 98.07億円
  • 不用額  : 4.10億円

「医療情報化等推進費」
  • 歳出予算額: 7.79億円
  • 支出済額 : 4.88億円
  • 翌年度繰越: 2.55億円
  • 不用額  : 3613万円
「医療安全確保推進費」
  • 歳出予算額: 12.60億円
  • 支出済額 : 11.87億円
  • 不用額  : 7284万円


独立行政法人国立病院機構運営費交付金

歳出予算額: 144.21億円 …全額支出済

「国立研究開発法人・国立がん研究センター運営費交付金
歳出予算額: 60.79億円 …全額支出済

「国立研究開発法人・国立循環器病研究センター運営費交付金
歳出予算額: 44.86億円 …全額支出済

「国立研究開発法人・国立精神・神経医療研究センター運営費交付金
歳出予算額: 38.75億円 …全額支出済

「国立研究開発法人・国立国際医療研究センター運営費交付金
歳出予算額: 57.79億円 …全額支出済

「国立研究開発法人・国立成育医療研究センター運営費交付金
歳出予算額: 32.73億円 …全額支出済

「国立研究開発法人・国立長寿医療研究センター運営費交付金
歳出予算額: 27.93億円 …全額支出済

独立行政法人、国立研究開発法人への支出は、全額が支出され、その内容については、それぞれの法人の会計情報を見る必要があります。


感染症対策費」
  •  歳出予算額: 1300.84億円
  •  前年度繰越: 62.42億円
  • 歳出予算現額: 1363.26億円
  • 支出済額  : 1314.52億円
  • 翌年度繰越 : 17.43億円
  • 不用額   : 31.30億円

この中で最も多いのは「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等支給業務費交付金」です。

感染症対策費–特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等支給業務費交付金
歳出予算額: 1029.94億円 …全額支出済


特定疾患等対策費」
  •  歳出予算額: 1380.49億円
  •  前年度繰越: 7131万円
  • 歳出予算現額: 1381.20億円
  • 支出済額  : 915.28億円
  • 翌年度繰越 : 2800万円
  • 不用額   : 465.64億円
特定疾患等対策費ー難病医療費等負担金」
  • 歳出予算額: 1148.30億円
  • 支出済額 : 712.03億円
  • 不用額  : 436.27億円
「移植医療推進費」
  • 歳出予算額: 30.80億円
  • 支出済額 : 30.34億円
  • 不用額  : 4596万円
「原爆被爆者等援護対策費」
  • 歳出予算額: 1355.18億円
  • 支出済額 : 1215.15億円
  • 不用額  : 140.03億円
「医薬品承認審査等推進費」
  • 歳出予算額: 15.68億円
  • 支出済額 : 14.26億円
  • 不用額  : 1.42億円
「医薬品安全対策等推進費」
  • 歳出予算額: 20.71億円
  • 支出済額 : 15.01億円
  • 不用額  : 5.70億円
血液製剤対策費」
  • 歳出予算額: 6.10億円
  • 支出済額 : 5.84億円
  • 不用額  : 2563万円
「医療提供体制基盤整備費」
  •  歳出予算額: 1146.76億円
  •  前年度繰越: 26.05億円
  •  予備費使用: 1.73億円
  • 歳出予算現額: 1174.55億円
  • 支出済額  : 909.76億円
  • 翌年度繰越 : 251.98億円
  • 不用額   : 12.81億円

独立行政法人医薬品医療機器総合機構審査等勘定運営費交付金
  •  歳出予算額: 14.41億円 …全額支出済

医療保険給付諸費」
  •  歳出予算額: 9兆7149.億円
  •  前年度繰越: 57億円
  • 歳出予算現額: 9兆7207億円
  • 支出済額  : 9兆6964億円
  • 翌年度繰越 : 201億円
  • 不用額   : 42億円

この中には、以下のような項目があります。
全国健康保険協会保険給付費等補助金予算: 1兆0581億円 …全額支出済
後期高齢者医療給付費等負担金」予算: 3兆6321億円 …全額支出済
国民健康保険療養給付費等負担金」予算現額: 1兆8890億円 …全額支出済
国民健康保険後期高齢者医療費支援金負担金」予算:5355億円 ほぼ全額支出済、不用額: 1万円
後期高齢者医療財政調整交付金予算現額: 1兆1857億円 …全額支出済
国民健康保険財政調整交付金予算: 5697億円 …全額支出済
(以上、医療保険給付諸費)

「健康保険事業借入金諸費年金特別会計へ繰入」
  • 歳出予算額: 103.88億円 …全額支出済
「医療費適正化推進費」
  • 歳出予算額: 224.71億円
  • 支出済額 : 224.11億円
  • 不用額  : 6010万円

この内容は、主に特定健康診断・保健指導補助金です。

「健康増進対策費」
  •  歳出予算額: 104.66億円
  •  前年度繰越: 4.88億円
  • 歳出予算現額: 109.54億円
  • 支出済額  : 103.65億円
  • 翌年度繰越 : 0円
  • 不用額   : 5.90億円
「食品等安全確保対策費」
  • 歳出予算額: 17.58億円
  • 支出済額 : 15.82億円
  • 不用額  : 1.76億円
「水道安全対策費」
  • 歳出予算額: 1.06億円
  • 支出済額 : 9754万円
  • 不用額  : 829万円
「水道施設整備費」
  •  歳出予算額: 292.44億円
  •  前年度繰越: 51.22億円
  • 歳出予算現額: 343.66億円
  • 支出済額  : 154.25億円 …予算現額の約45%です。
  • 翌年度繰越 : 186.53億円
  • 不用額   : 2.88億円
「北海道開発事業費–水道施設整備費補助」
  •  歳出予算額: 58.93億円
  •  前年度繰越: 11.36億円
  • 歳出予算現額: 70.29億円
  • 支出済額  : 37.36億円
  • 翌年度繰越 : 32.73億円
  • 不用額   : 2047万円
「離島振興事業費–水道施設整備補助」
  •  歳出予算額: 12.40億円
  •  前年度繰越: 6.07億円
  • 歳出予算現額: 18.47億円
  • 支出済額  : 14.58億円
  • 翌年度繰越 : 3.88億円
  • 不用額   : 67万円
「沖縄開発事業費–水道施設整備費補助」
  •  歳出予算額: 37.33億円
  •  前年度繰越: 3.74億円
  • 歳出予算現額: 41.07億円
  • 支出済額  : 27.78億円
  • 翌年度繰越 : 13.28億円
  • 不用額   : 162万円
「麻薬・覚せい剤等対策費」
  •  歳出予算額: 12.23億円
  •  前年度繰越: 5828万円
  • 歳出予算現額: 12.82億円
  • 支出済額  : 11.52億円
  • 翌年度繰越 : 0円
  • 不用額   : 1.29億円

この中の殆どは、「あへん購入費」という項目に振り分けられています。
<あへん購入費>

  •  歳出予算額: 9.03億円
  •  前年度繰越: 5828万円
  • 歳出予算現額: 9.61億円
  • 支出済額  : 8.50億円
  • 翌年度繰越 : 0円
  • 不用額   : 1.11億円
「労働条件確保・改善対策費」
  • 歳出予算額: 4.98億円
  • 支出済額 : 3.12億円
  • 不用額  : 1.86億円

これは、「研究調査委託費」が殆どを占めています。

「中小企業最低賃金引上げ支援対策費」
  • 歳出予算額: 40.28億円
  • 支出済額 : 12.31億円
  • 翌年度繰越: 20.15億円
  • 不用額  : 7.82億円
労働者災害補償保険保険給付費労働保険特別会計へ繰入」
  • 歳出予算額: 1.92億円 …全額支出済
独立行政法人労働政策研究・研修機構一般勘定運営費交付金
  • 歳出予算額: 4.07億円 …全額支出済
「高齢者等雇用安定・促進費」
  • 歳出予算額: 90.32億円
  • 支出済額 : 79.09億円
  • 不用額  : 11.24億円

「不用額を生じたのは、駐留軍関係離職者及び特定漁業離職者に係る就職促進手当の支給件数が予定を下回ったこと等により」とあります。

「失業等給付費等労働保険特別会計へ繰入」
  • 歳出予算額: 1461.18億円
  • 支出済額 : 1234.21億円
  • 不用額  : 227.97億円

「不用額を生じたのは、労働保険特別会計の雇用勘定において失業等給付金を要することが少なかったこと、特別会計に関する法律(平成19年法律第23号)第105条の規定による国庫負担金の過不足の調整をしたこと等により」とあります。

「若年者等職業能力開発支援費」
  •  歳出予算額: 9.50億円
  •  前年度繰越: 1.93億円
  • 歳出予算現額: 11.43億円
  • 支出済額  : 7.02億円
  • 翌年度繰越 : 0円
  • 不用額   : 4.41億円

この中には、「外国人技能実習機構交付金」が含まれています。
<外国人技能実習機構交付金

  • 歳出予算額: 8.64億円
  • 支出済額 : 4.43億円 …約51%
  • 不用額  : 4.21億円
「障害者等職業能力開発支援費」
  • 歳出予算額: 39.15億円
  • 支出済額 : 38.94億円
  • 不用額  : 2099万円
独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構障害者職業能力開発勘定運営費交付金

……名前が長すぎる。

  • 歳出予算額: 8.50億円 …全額支出済
「男女均等雇用対策費」
  • 歳出予算額: 8657万円 …少ない。
  • 支出済額 : 7073万円
  • 不用額  : 64万円

大部分は旅費、庁費です。「研究調査等委託費」は、予算2492万円に対して、支出済額1107万円、となっています。

「保育対策費」
  •  歳出予算額: 1468.11億円
  •  前年度繰越: 1293.46億円
  • 歳出予算現額: 2761.57億円
  • 支出済額  : 1345.99億円
  • 翌年度繰越 : 833.29億円
  • 不用額   : 582.29億円

「不用額を生じたのは、保育士修学資金貸付等事業及び保育補助者雇上強化事業が予定を下回ったこと等により」とあります。

児童虐待等防止対策費」
  •  歳出予算額: 1245.59億円
  •  前年度繰越: 48.60億円
  • 歳出予算現額: 1294.19億円
  • 支出済額  : 1210.14億円
  • 翌年度繰越 : 0円 …繰り越してません。
  • 不用額   : 84.05億円
「母子保健衛星対策費」
  • 歳出予算額: 223.92億円
  • 支出済額 : 188.15億円
  • 不用額  : 35.77億円

「不用額を生じたのは、妊娠・出産包括支援事業及び不妊に悩む方への特定治療支援事業が予定を下回ったこと等により」とあります。

「母子家庭等対策費」
  •  歳出予算額: 1898.01億円
  •  前年度繰越: 70.48億円
  • 歳出予算現額: 1968.49億円
  • 支出済額  : 1801.10億円
  • 翌年度繰越 : 0円 …これも繰り越してません。
  • 不用額   : 167.39億円

「不用額を生じたのは、 1人当たり支給額及び支給対象人員が予定を下回ったことにより」とあります。
この中では「児童扶養手当給付費負担金」が殆どを占めています(予算:1745億円、支出:1643億円)。

「子ども・子育て支援対策費」
  •  歳出予算額: 30.57億円
  •  前年度繰越: 7.91億円
  • 歳出予算現額: 38.47億円
  • 支出済額  : 22.28億円
  • 翌年度繰越 : 2.68億円
  • 不用額   : 13.51億円

「子ども・子育て」というのは、内閣府にも「子ども・子育て本部」という部局があり、また「子ども・子育て本部」からは「子ども・子育て支援年金特別会計」に1兆2521億円が繰り入れられています。
この内閣府の「子ども・子育て本部」における支出と、厚生労働省から支出されている「子ども・子育て支援対策費」はどのような関係になっているのでしょうか。
内閣府子ども・子育て本部」は子ども・子育て支援のための基本的な政策・少子化の進展への対処に係る企画立案、総合調整を行います。「子ども・子育て支援法」に基づく事務(施設への給付、地域型保育給付、児童手当)を担当し、「児童福祉法」に基づく事務は厚生労働省、「学校教育法」「私立学校振興助成法」に基づく事務は文部科学省と、それぞれ振り分けられているようです。「認定こども園法」に基づく事務は、内閣府、厚生労働、文部科学の三府省共管となっているようです。
http://www8.cao.go.jp/shoushi/about.html

児童福祉施設整備費」
  •  歳出予算額: 145.96億円
  •  前年度繰越: 36.56億円
  • 歳出予算現額: 182.52億円
  • 支出済額  : 63.05億円 …予算現額の35%
  • 翌年度繰越 : 104.40億円
  • 不用額   : 15.07億円

生活保護等対策費」
  •  歳出予算額: 2兆9333.億円
  •  前年度繰越: 111億円
  • 歳出予算現額: 2兆9444億円
  • 支出済額  : 2兆8842億円
  • 翌年度繰越 : 0円 …繰越してません。
  • 不用額   : 601億円

この中には調査費用、生活扶助等負担金、医療扶助等負担金、介護扶助等負担金などが含まれています。

社会福祉諸費」
  •  歳出予算額: 351.78億円
  •  前年度繰越: 5.97億円
  • 歳出予算現額: 357.78億円
  • 支出済額  : 356.70億円
  • 翌年度繰越 : 5725万円
  • 不用額   : 4832万円

この中には、「衛生関係指導者養成等委託費」「社会事業学校等経営委託費」などが含まれています。一番多いのは「社会福祉施設職員等退職手当共済事業給付費補助金」というもので、約264億円が支出されています。

「遺族及留守家族等援護費」
  •  歳出予算額: 140.40億円
  •  前年度繰越: 820万円
  • 歳出予算現額: 140.48億円
  • 支出済額  : 138.20億円
  • 翌年度繰越 : 981万円
  • 不用額   : 2.19億円

この中では、「遺族等年金」に約120億円が支出されています。

戦没者慰霊事業費」
  •  歳出予算額: 29.41億円
  •  前年度繰越: 7038万円
  • 歳出予算現額: 30.12億円
  • 支出済額  : 27.01億円
  • 翌年度繰越 : 3873万円
  • 不用額   : 2.72億円

これには「戦没者追悼式参列旅費」や、「遺骨収集帰還等旅費」「遺骨収集帰還等庁費」などが含まれています。

「中国残留邦人等支援事業費」
  •  歳出予算額: 12.80億円
  •  前年度繰越: 6389万円
  • 歳出予算現額: 13.44億円
  • 支出済額  : 11.33億円
  • 翌年度繰越 : 1.02億円
  • 不用額   : 1.08億円
「障害保健福祉費」
  •  歳出予算額: 1兆6185億円
  •  前年度繰越: 1.08億円
  •  予備費使用: 4587万円
  • 歳出予算現額: 1兆6187億円
  • 支出済額  : 1兆6038億円
  • 翌年度繰越 : 2.59億円
  • 不用額   : 146.31億円

この中には「心神喪失者等医療観察法入院等決定者医療費」、「地域生活支援事業費補助金」、「障害者自立支援給付費負担金」、「障害者医療費負担金」、「特別児童扶養手当給付費」が含まれています。

「特別行政法人・国立重度知的障害者総合施設のぞみの園運営費交付金
  • 歳出予算額: 13.14億円 →全額支出済
「特別障害給付金給付費年金特別会計へ繰入」
  • 歳出予算額: 33.57億円
  • 支出済額 : 30.43億円
  • 不用額  : 3.14億円
「沖縄振興交付金事業推進費–沖縄振興公共投資交付金
  •  歳出予算額: 131.83億円
  •  前年度繰越: 18.13億円
  • 歳出予算現額: 149.96億円
  • 支出済額  : 129.13億円
  • 翌年度繰越 : 20.78億円
  • 不用額   : 482万円
「基礎年金拠出金等年金特別会計へ繰入」
  • 歳出予算額: 11兆2438億円
  • 支出済額 : 11兆2425億円
  • 不用額  : 13.78億円

「不用額を生じたのは、厚生年金保険の保険給付及び保険料の納付の特例等に関する法律(平成 19 年法律第 131 号)第 2 条第 9 項の規定による特例納付保険料の額に相当する額の総額において特例対象者数及び 1 人当たり特例納付保険料に相当する額が予定を下回ったこと等により」との記載があります。

「高齢者日常生活支援等推進費」
  • 歳出予算額: 1077.66億円
  • 支出済額 : 954.00億円
  • 不用額  : 123.66億円

「不用額を生じたのは、地方公共団体からの交付申請額が予定を下回ったので」だそうです。

介護保険制度運営推進費」
  •  歳出予算額: 2兆7801億円
  •  前年度繰越: 307億円
  • 歳出予算現額: 2兆8109億円
  • 支出済額  : 2兆7493億円
  • 翌年度繰越 : 116億円
  • 不用額   : 499億円

これも「不用額を生じたのは、地方公共団体からの交付申請額が予定を下回ったので」という記載がなされています。

「業務取扱費年金特別会計へ繰入」
  • 歳出予算額: 1048.87億円
  • 支出済額 : 1048.75億円
  • 不用額  : 1200万円

「不用額を生じたのは、年金特別会計の業務勘定において予備費を使用しなかったため」とのことです。

「国際機関活動推進費」
  • 歳出予算額: 166.39億円
  • 支出済額 : 166.39億円
  • 不用額  : 2万5854円

これは「国際労働機関分担金」「国際労働機関拠出金」「世界保健機関分担金」「世界保健機関拠出金」などが含まれています。別項目として「政府開発援助」の名前がつく分担金、拠出金もあります。

「厚生労働調査研究等推進費」
  •  歳出予算額: 609.63億円
  •  前年度繰越: 3.87億円
  • 歳出予算現額: 613.50億円
  • 支出済額  : 557.64億円
  • 翌年度繰越 : 53.08億円
  • 不用額   : 2.78億円

この中には、国立研究開発法人への「設備整備費補助金」等が含まれています。

「科学技術イノベーション創造推進費–医療研究開発推進事業費補助金
  •  歳出予算額: 98.39億円
  •  前年度繰越: 8090万円
  • 歳出予算現額: 99.20億円
  • 支出済額  : 98.00億円
  • 翌年度繰越 : 1.19億円
  • 不用額   : 0円
「国立研究開発法人・医薬基盤・健康・栄養研究所運営費交付金
  • 歳出予算額: 36.75億円 →全額支出済
社会保障・税番号活用推進費」
  •  歳出予算額: 280.59億円
  •  前年度繰越: 212.50億円
  • 歳出予算現額: 493.09億円
  • 支出済額  : 375.54億円
  • 翌年度繰越 : 84.99億円
  • 不用額   : 32.56億円
「臨時福祉給付金等給付事業助成費」
  •  歳出予算額: 5155.27億円
  •  前年度繰越: 3637.82億円
  • 歳出予算現額: 8793.09億円
  • 支出済額  : 5482.28億円
  • 翌年度繰越 : 3290.71億円
  • 不用額   : 20.09億円

「臨時福祉給付金」というのが予算計上されていますね。その内容については、項目立てて記載されていないので、詳細は決算報告書ではわからないのですが。それにしては、結構な額が計上され、支出されています。

「水道施設災害復旧事業費補助」
  •  歳出予算額: 105.18億円
  •  前年度繰越: 4.50億円
  • 歳出予算現額: 109.68億円
  • 支出済額  : 16.52億円 …予算現額の約15%のみ
  • 翌年度繰越 : 53.43億円
  • 不用額   : 39.73億円

「不用額を生じたのは、水道水源開発等施設災害復旧事業及び簡易水道等施設災害復旧事業が少なかったため」だそうです。

ここまでが、厚生労働本省の歳出決算の主な項目になります。大きなのはやはり社会保障関係で、それらはほとんど特別会計で処理されています。


歳出–厚生労働省–検疫所

検疫所

  • 歳出予算額: 98.39億円(前年度繰越:0円)
  • 支出済額 : 93.41億円
  • 翌年度繰越: 3.28億円
  • 不用額  : 1.70億円
「検疫所共通費」
  • 歳出予算額: 72.18億円
  • 支出済額 : 70.92億円
  • 不用額  : 1.26億円
「検疫業務等実施費」
  • 歳出予算額: 6.63億円
  • 支出済額 : 6.39億円
  • 不用額  : 2399万円
「輸入食品検査業務実施費」
  • 歳出予算額: 16.08億円
  • 支出済額 : 15.89億円
  • 不用額  : 1905万円

検疫所の歳出は、基本的には人件費、事務費が主になります。

歳出–厚生労働省国立ハンセン病療養所

国立ハンセン病療養所

  •  歳出予算額: 321.17億円
  •  前年度繰越: 19.92億円
  • 歳出予算現額: 341.09億円
  • 支出済額  : 302.00億円
  • 翌年度繰越 : 27.78億円
  • 不用額   : 11.31億円
国立ハンセン病療養所共通費」
  • 歳出予算額: 180.69億円
  • 支出済額 : 180.08億円
  • 不用額  : 6121万円
国立ハンセン病療養所運営費」
  • 歳出予算額: 104.30億円
  • 支出済額 : 99.47億円
  • 不用額  : 4.83億円


歳出–厚生労働省–厚生労働本省試験研究機関

こういう項目があるんですねえ、最初なんじゃこら、と思いましたが。
厚生労働省の組織図は、ホームページからリンクが貼られてないのですが、サイト内検索で探すといくつかでてきます。

(PDF)
https://www.mhlw.go.jp/general/saiyo/pamphlet/dl/2014-jimu_16.pdf

これによると、厚生労働本省の下に様々にある部局とは別に、「施設等機関」としてまとめられているものに「検疫所」「国立ハンセン病療養所」「試験研究機関」「更生援護機関」があります。この内の「試験研究機関」としてまとめられている、「国立医薬品食品衛生研究所」「国立保健医療科学院」「国立社会保障・人口問題研究所」「国立感染症研究所」の4つの機関の歳出をまとめたもの、になるようです。


厚生労働本省試験研究機関

  •  歳出予算額: 131.84億円
  •  前年度繰越: 21.04億円
  • 歳出予算現額: 152.29億円
  • 支出済額  : 130.56億円
  • 翌年度繰越 : 21.03億円
  • 不用額   : 1.30億円

科目別の人件費などは、4機関をまとめたものになっています。それぞれの機関の歳出については、事項別に記載されています。

<事項別:国立医薬品食品衛生研究所に必要な経費>
  • 歳出予算額: 20.37億円
  • 支出済額 : 20.06億円
  • 差引額  : 3092万円
<事項別:国立保健医療科学院に必要な経費>
  • 歳出予算額: 11.65億円
  • 支出済額 : 11.36億円
  • 差引額  : 2918万円
<事項別:国立社会保障・人口問題研究所に必要な経費>
  • 歳出予算額: 7.07億円
  • 支出済額 : 6.86億円
  • 差引額  : 2054万円
<事項別:国立感染症研究所に必要な経費>
  • 歳出予算額: 33.75億円
  • 支出済額 : 33.98億円
  • 差引額  : △2287万円
<事項別:国立医薬品食品衛生研究所の試験研究に必要な経費>
  • 歳出予算額: 7.52億円
  • 支出済額 : 7.50億円
  • 差引額  : 209万円
<事項別:国立保健医療科学院の養成訓練及び試験研究に必要な経費>
  • 歳出予算額: 3.11億円
  • 支出済額 : 3.06億円
  • 差引額  : 525万円
<事項別:国立社会保障・人口問題研究所の試験研究に必要な経費>
  • 歳出予算額: 1.76億円
  • 支出済額 : 1.71億円
  • 差引額  : 516万円
<事項別:国立感染症研究所の試験研究に必要な経費>
  • 歳出予算額: 16.33億円
  • 支出済額 : 16.16億円
  • 差引額  : 1640万円

この他に、「血清等製造及検定費」というものもあります。

「血清等製造及検定費」
  • 歳出予算額: 4.60億円
  • 支出済額 : 4.51億円
  • 不用額  : 916万円

他に、「放射能調査研究費」といいうものもあります。

放射能調査研究費」
  • 歳出予算額: 2282万円
  • 支出済額 : 2245万円
  • 不用額  : 42万円

以上が「厚生労働本省試験研究機関」の主な歳出になります。


歳出–厚生労働省–国立更生援護機関

これも厚生労働本省が管轄する「国立児童自立支援施設」「国立障害者リハビリテーションセンター」の2つの機関の歳出がまとめられています。

国立更生援護機関

  • 歳出予算額: 85.25億円
  • 支出済額 : 83.34億円
  • 不用額  : 1.41億円
<事項別:国立児童自立支援施設に必要な経費>
  • 歳出予算額: 6.32億円
  • 支出済額 : 6.15億円
  • 差引額  : 1644万円
<事項別:国立障害者リハビリテーションセンターに必要な経費>
  • 歳出予算額: 52.83億円
  • 支出済額 : 52.37億円
  • 差引額  : 4527万円
<事項別:国立児童自立支援施設入所児童等の処遇等に必要な経費>
  • 歳出予算額: 1.32億円
  • 支出済額 : 1.28億円
  • 差引額  : 388万円
<事項別:国立児童自立支援施設の運営に必要な経費>
  • 歳出予算額: 1361万円
  • 支出済額 : 1162万円
  • 差引額  : 199万円
<事項別:国立障害者リハビリテーションセンターの運営に必要な経費>
  • 歳出予算額: 20.52億円
  • 支出済額 : 19.80億円
  • 差引額  : 7221万円

これらの、児童自立支援施設リハビリテーションセンターとは、具体的にどのような施設があるのか、後で確認できれば、と思います。


歳出–厚生労働省–地方厚生局

地方厚生局

  •  歳出予算額: 164.30億円
  •  前年度繰越: 3916万円
  • 歳出予算現額: 164.69億円
  • 支出済額  : 162.31億円
  • 翌年度繰越 : 0円
  • 不用額   : 2.38億円
「地方厚生局共通費」
  •  歳出予算額: 142.92億円
  •  前年度繰越: 3916万円
  • 歳出予算現額: 143.30億円
  • 支出済額  : 141.71億円
  • 翌年度繰越 : 0円
  • 不用額   : 1.60億円

前年度繰越額は、全額が移転費に充当されています。前年度から繰り越しているということは、複数年度に渡って移転費用の支払いを行っていて、この年度で終了した、ということでしょうか。

「麻薬・覚せい剤等対策費」
  • 歳出予算額: 5.10億円
  • 支出済額 : 4.99億円
  • 不用額  : 1103万円
「医療観察等実施費」
  • 歳出予算額: 8759万円
  • 支出済額 : 6734万円
  • 不用額  : 2026万円

「不用額を生じたのは、心神 喪失等の状態で重大な他害 行為を行った者の医療及び 観察等に関する法律(平成 15 年法律第 110 号)に基づ く入院の決定を受けた者の 指定入院医療機関への移送 費が予定を下回ったので」との記述があります。


歳出–厚生労働省都道府県労働局

都道府県労働局も、地方厚生局と同じく厚生労働本省の管轄となっており、下部機関として「労働基準監督署」「公共職業安定所」があります。

都道府県労働局

  •  歳出予算額: 975.44億円
  •  前年度繰越: 8311万円
  • 歳出予算現額: 976.27億円
  • 支出済額  : 965.40億円
  • 翌年度繰越 : 3688万円
  • 不用額   : 10.50億円
都道府県労働局共通費」
  •  歳出予算額: 883.91億円
  •  前年度繰越: 5071万円
  • 歳出予算現額: 884.41億円
  • 支出済額  : 880.17億円
  • 翌年度繰越 : 3254万円
  • 不用額   : 3.92億円

「不用額を生じたのは、超過勤務が予定を下回ったこと等により」とあります。

「労働条件確保・改善対策費」
  • 歳出予算額: 6.74億円
  • 支出済額 : 5.93億円
  • 不用額  : 8077万円
「高齢者等雇用安定・促進費」
  • 歳出予算額: 66.27億円
  • 支出済額 : 62.55億円
  • 不用額  : 3.72億円
「若年者等職業能力開発支援費」
  • 歳出予算額: 14.49億円
  • 支出済額 : 13.06億円
  • 不用額  : 1.43億円
「男女均等雇用対策費」
  • 歳出予算額: 1.01億円
  • 支出済額 : 8385万円
  • 不用額  : 1672万円


歳出–厚生労働省中央労働委員会

中央労働委員会は、厚生労働省唯一の外局として位置づけられています。

中央労働委員会

  • 歳出予算額: 14.17億円
  • 支出済額 : 12.97億円
  • 不用額  : 1.20億円
中央労働委員会共通費」
  • 歳出予算額: 10.80億円
  • 支出済額 : 10.32億円
  • 不用額  : 4813万円
「労使関係等安定形成促進費」
  • 歳出予算額: 3.37億円
  • 支出済額 : 2.65億円
  • 不用額  : 7177万円

大きな項目としてはこの2つになります。で、この委員会が何をしているのか、については決算書類を見てもはっきりしません。
これは他の省庁でも同様ですが、予算・決算のひとつひとつの項目を見ていても、「実際にはどんな目標を掲げ、どんな議論をし、どんな施策に予算を投じているのか」が分かりにくい項目が多く、それぞれの項目への予算配分と決算報告によって、どれだけの成果が得られたのかについては、それぞれの事業項目の詳細を調べていくしかありません。
そういうのは、普段別の仕事をしながら、僅かな時間で資料を探しては調べている僕みたいな人には、かなり労力のいる作業になってしまいます。
本当は、こうして使われている「国民の税金」がどこに行っているのか、詳細に知りたいと思ったりもしますが。ていうか、そういうのは、手軽に国民が参照できるように、各省庁が簡便な「情報公開手段」を持つべきではないか、とも思ったりしますが。

 

などなどと思いながら、以上が厚生労働省所管の、決算の主な項目になります。

2016(平成28)年度一般会計決算を読む(その13)文部科学省

歳出–文部科学省

ここからは、文部科学省所管の決算を見ていきます。文部科学省の所管分野は、多岐に渡ります。

文部科学省

  •  歳出予算額: 5兆7106.77億円
  •  前年度繰越: 1366.07億円
  •  予備費使用額: 152.15億円
  • 歳出予算現額: 5兆8624.99億円
  • 支出済額  : 5兆5011.91億円
  • 翌年度繰越 : 3253.61億円
  • 不用額   : 359.47億円


文部科学本省

  •  歳出予算額: 5兆5132.09億円
  •  前年度繰越: 1288.75億円
  •  予備費使用額: 126.62億円
  • 歳出予算現額: 5兆6938.58億円
  • 支出済額  : 5兆3520.50億円
  • 翌年度繰越 : 3103.77億円
  • 不用額   : 314.31億円
「文部科学本省共通費」
  • 歳出予算額: 1092.47億円
  • 支出済額 : 1079.19億円
  • 不用額  : 13.28億円

 

生涯学習振興費」
  •  歳出予算額: 209.50億円
  •  前年度繰越: 3.39億円
  • 歳出予算現額: 212.89億円
  • 支出済額  : 180.51億円
  • 翌年度繰越 : 20.48億円
  • 不用額   : 11.90億円

この中には「放送大学学園補助金」「放送大学学園施設整備費補助金」が含まれています。
放送大学学園補助金予算:73.90億円、支出:73.90億円、不用額:0円
放送大学学園施設整備費補助金
予算:15.20億円、前年度繰越:3.39億円、支出:1.39億円、翌年度繰越:13.80億円、不用額:0円

 

独立行政法人国立科学博物館運営費交付金
  • 歳出予算額: 27.68億円
  • 支出済額 : 27.68億円
  • 不用額  : 0円
独立行政法人国立女性教育会館運営費交付金
  • 歳出予算額: 5.24億円
  • 支出済額 : 5.24億円
  • 不用額  : 0円
「初等中等教育等振興費」
  •  歳出予算額: 5328.35億円
  •  前年度繰越: 73.67億円
  • 歳出予算現額: 5402.02億円
  • 支出済額  : 5198.08億円
  • 翌年度繰越 : 100.31億円
  • 不用額   : 103.64億円

この中には、様々な経費、補助金が計上されています。
「教科書購入費」
歳出予算額: 410.90億円
支出済額 : 407.16億円
不用額  : 3.74億円

 

「在外教育施設派遣教員委託費」
 歳出予算額: 70.29億円
 流用増額 : 884万円
歳出予算現額: 70.38億円
支出済額  : 70.38億円
不用額   : 11万円

 

「へき地児童生徒援助費等補助金
 歳出予算額: 25.21億円
 前年度繰越: 377万円
歳出予算現額: 25.25億円
支出済額  : 23.86億円
翌年度繰越 : 0円
不用額   : 1.39億円

 

「高等学校等修学支援事業費補助金
 歳出予算額: 135.08億円
 流用減額 : 10.00億円
歳出予算現額: 125.08億円
支出済額  : 119.42億円
不用額   : 5.67億円

 

「幼稚園就園奨励費補助金
歳出予算額: 322.72億円
支出済額 : 322.18億円
不用額  : 5358万円

 

特別支援教育就学奨励費補助金
歳出予算額: 59.53億円
支出済額 : 39.56億円
不用額  : 19.97億円

 

「高等学校等就学支援金交付金
 歳出予算額: 3626.91億円
 流用増額 : 24.39億円
歳出予算現額: 3651.33億円
支出済額  : 3649.57億円
不用額   : 1.75億円

 

認定こども園施設整備交付金
 歳出予算額: 115.67億円
 前年度繰越: 64.01億円
歳出予算現額: 170.68億円
支出済額  : 74.86億円
翌年度繰越 : 96.74億円
不用額   : 8.08億円

以上が「初等中等教育等振興費」に含まれているものですが、それぞれどのような内容に支出されているのかは、それぞれの細目を調べてみないとわかりません。

 

独立行政法人国立青少年教育振興機構運営費交付金
  • 歳出予算額: 90.29億円
  • 支出済額 : 90.29億円
  • 不用額  : 0円
独立行政法人・教育研修センター運営費交付金
  • 歳出予算額: 11.69億円
  • 支出済額 : 11.69億円
  • 不用額  : 0円
独立行政法人・国立特別支援教育総合研究所運営費交付金
  • 歳出予算額: 11.43億円
  • 支出済額 : 11.43億円
  • 不用額  : 0円
「義務教育費国庫負担金」
  • 歳出予算額: 1兆5302.56億円
  • 支出済額 : 1兆5254.44億円
  • 不用額  : 48.11億円
「高等教育振興費」
  •  歳出予算額: 564.77億円
  •  前年度繰越: 16.62億円
  • 歳出予算現額: 581.39億円
  • 支出済額  : 539.80億円
  • 翌年度繰越 : 40.64億円
  • 不用額   : 9512万円
独立行政法人・大学改革支援・学位授与機構運営費交付金
  • 歳出予算額: 21.69億円
  • 支出済額 : 21.69億円
  • 不用額  : 0円
独立行政法人国立高等専門学校機構運営費交付金
  • 歳出予算額: 621.95億円
  • 支出済額 : 621.95億円
  • 不用額  : 0円
「育英事業費」
  •  歳出予算額: 981.21億円
  •  前年度繰越: 22.83億円
  • 歳出予算現額: 1004.04億円
  • 支出済額  : 976.33億円
  • 翌年度繰越 : 27.69億円
  • 不用額   : 148万円
「私立学校振興費」
  •  歳出予算額: 6003.46億円
  •  前年度繰越: 58.08億円
  • 歳出予算現額: 6061.54億円
  • 支出済額  : 5741.68億円
  • 翌年度繰越 : 310.70億円
  • 不用額   : 9.16億円

「不用額を生じたのは、都道府県からの交付申請額及び事業規模が予定を下回った」ことによる、となっています。
この中には「私立学校施設災害復旧都道府県事務費交付金というものが含まれます。これは当初予算にはなかったものですが、他の項目から63万円を流用して計上、56万円が支出されています。この項目は「熊本地震により災害を受けた私立学校施設の復旧事業に係る事務費を熊本県に交付する必要が生じたため」と説明されています。

 

「科学技術・学術政策推進費」
  •  歳出予算額: 427.46億円
  •  前年度繰越: 0円
  • 歳出予算現額: 427.46億円
  • 支出済額  : 266.00億円
  • 翌年度繰越 : 151.97億円
  • 不用額   : 9.48億円

「不用額を生じたのは、大学等からの交付申請額が予定を下回ったこと、事業の中止による事業計画の変更があったこと等」による、と記されています。


「研究振興費」
  •  歳出予算額: 2819.08億円
  •  前年度繰越: 63.45億円
  • 歳出予算現額: 2882.52億円
  • 支出済額  : 2792.82億円
  • 翌年度繰越 : 89.07億円
  • 不用額   : 6307万円
国立大学法人施設整備費」
  •  歳出予算額: 719.13億円
  •  前年度繰越: 208.40億円
  •  予備費使用: 52.97億円
  • 歳出予算現額: 980.50億円
  • 支出済額  : 594.27億円
  • 翌年度繰越 : 385.86億円
  • 不用額   : 3680万円
国立大学法人船舶建造費補助金
  • 歳出予算額: 22.43億円
  • 支出済額 : 22.43億円
  • 不用額  : 0円
国立大学法人運営費交付金
  •  歳出予算額: 1兆0970.17億円
  •  予備費使用: 65.51億円
  • 歳出予算現額: 1兆1035.68億円
  • 支出済額  : 1兆1035.68億円
  • 不用額   : 0円
独立行政法人日本学術振興会一般勘定運営費交付金
  • 歳出予算額: 267.09億円
  • 支出済額 : 267.09億円
  • 不用額  : 0円
「研究開発推進費」
  •  歳出予算額: 1561.12億円
  •  前年度繰越: 154.19億円
  •  予備費使用: 5.32億円
  • 歳出予算現額: 1720.63億円
  • 支出済額  : 1531.86億円
  • 翌年度繰越 : 181.96億円
  • 不用額   : 6.81億円

この中には、「国立研究開発法人」への補助金支出が多く含まれています。この項目でまとめられているのは、国立研究開発法人に対する設備整備費への補助金、という事になっています。
さらに、この項目の中には、次のような項目も含まれています。

 

<核セキュリティ強化等推進事業費補助金
歳出予算:5.19億円、前年度繰越:9882万円、予算現額:6.18億円、支出済:6.09億円、翌年度繰越:916万円、不用額:0円

 

<国際核融合実験炉研究開発費補助金
歳出予算:155.38億円、前年度繰越:5.32億円、予算現額:155.42億円、支出済:117.18億円、翌年度繰越:38.24億円、不用額:0円

 

<地球観測システム研究開発費補助金
歳出予算:134.14億円、前年度繰越:60.79億円、予備費使用:5.32億円、予算現額:200.24億円、支出済:145.69億円、翌年度繰越:54.55億円、不用額:0円

 

国際宇宙ステーション開発費補助金
歳出予算:400.89億円、支出済額:384.00億円、翌年度繰越:16.89億円、不用額:0円

 

<核燃料物質輸送事業費補助金
歳出予算:0円、前年度繰越:19.80億円、予算現額:19.80億円、支出済額:15.18億円、翌年度繰越:0円、不用額:4.62億円

 

以下は、その他の国立研究開発法人。

「国立研究開発法人・日本医療研究開発機構運営費交付金」50.23億円
「国立研究開発法人・科学技術振興機構一般勘定運営費交付金」1008.88億円
「国立研究開発法人・科学技術振興機構出資金」120.00億円
「国立研究開発法人・物質・材料研究機構運営費交付金」120.21億円
「国立研究開発法人・量子科学技術研究開発機構運営費交付金」215.58億円
「国立研究開発法人・日本原子力研究開発機構運営費交付金」346.15億円
「国立研究開発法人・宇宙航空研究開発機構運営費交付金」1185.05億円
「国立研究開発法人・海洋研究開発機構運営費交付金」306.18億円
「国立研究開発法人・理化学研究所運営費交付金」515.91億円
「国立研究開発法人・防災科学技術研究所運営費交付金」70.21億円

以上の交付金については、予算全額が支出済みとなっています。

 

電源開発促進税財源のエネルギー対策特別会計へ繰入」1067.77億円
「電源立地対策費エネルギー対策特別会計へ繰入」10.69億円

これは「特別会計」への繰入になります。全額が支出済となっています。

 

「南極地域観測事業費」
  • 歳出予算額: 1.28億円
  • 支出済額 : 9740万円
  • 不用額  : 3036万円
「科学技術イノベーション創造推進費」
  •  歳出予算額: 240.61億円
  •  前年度繰越: 8.66億円
  • 歳出予算現額: 249.26億円
  • 支出済額  : 248.31億円
  • 翌年度繰越 : 9565万円
「公立文教施設整備費」
  •  歳出予算額: 2315.17億円
  •  前年度繰越: 493.20億円
  • 歳出予算現額: 2808.37億円
  • 支出済額  : 1123.38億円
  • 翌年度繰越 : 1590.23億円
  • 不用額   : 94.76億円
「沖縄教育振興事業費」
  •  歳出予算額: 94.23億円
  •  前年度繰越: 26.39億円
  • 歳出予算現額: 120.62億円
  • 支出済額  : 90.55億円
  • 翌年度繰越 : 29.33億円
  • 不用額   : 7402万円
「文化振興費」

……これは全額「文化功労者年金」として支出されています。

  • 歳出予算額: 8.51億円
  • 支出済額 : 8.51億円
  • 不用額  : 0円
「国際交流・協力推進費」
  • 歳出予算額: 309.46億円
  • 支出済額 : 300.33億円
  • 不用額  : 9.13億円

この中には、「外国人留学生教育費」「外国人留学生受入推進事業委託費」「ユネスコ活動費補助金

独立行政法人日本学生支援機構運営費」
  • 歳出予算額: 132.45億円
  • 支出済額 : 132.45億円
  • 不用額  : 0円

文部科学本省が所轄する機関には、次のようなものがあります。

国立教育政策研究所
  • 歳出予算額: 31.78億円
  • 支出済額 : 28.75億円
  • 不用額  : 3.03億円
「科学技術・学術政策研究所」
  • 歳出予算額: 7.62億円
  • 支出済額 : 7.07億円
  • 不用額  : 5510万円
日本学士院
  • 歳出予算額: 5.82億円
  • 支出済額 : 5.66億円
  • 不用額  : 1560万円

以上が文部科学本省の主な項目となります。


歳出–文部科学省スポーツ庁

スポーツ庁

  •  歳出予算額: 423.64億円
  •  前年度繰越: 1.57億円
  • 歳出予算現額: 425.21億円
  • 支出済額  : 407.90億円
  • 翌年度繰越 : 13.23億円
  • 不用額   : 4.08億円
スポーツ庁共通費」
  • 歳出予算額: 12.53億円
  • 支出済額 : 12.38億円
  • 不用額  : 1467万円

「初等中等教育等振興費」
  • 歳出予算額: 1058万円
  • 支出済額 : 503万円
  • 不用額  : 555万円

「不用額を生じたのは、一部業務を実施しなかったこと等に」よる、そうです。

「私立学校振興費」
  • 歳出予算額: 9000万円 …全額支出済

「沖縄北部連携促進特別振興事業費」
  •  歳出予算額: 4.39億円
  •  前年度繰越: 3137万円
  • 歳出予算現額: 4.71億円
  • 支出済額  : 1.88億円
  • 翌年度繰越 : 2.79億円
  • 不用額   : 382万円

これは、何に使われたのでしょうか。「スポーツ庁」が「沖縄北部」に、何を?


「スポーツ振興費」
  • 歳出予算額: 110.59億円
  • 支出済額 : 96.52億円
  • 翌年度繰越: 10.45億円
  • 不用額  : 3.63億円

この中には、「世界ドーピング防止機構拠出金」1.80億円、「アジアドーピング防止基金拠出金」9000万円が含まれています。

「スポーツ振興施設費」
  •  歳出予算額: 26.06億円
  •  前年度繰越: 6148万円
  • 歳出予算現額: 26.67億円
  • 支出済額  : 26.48億円
  • 翌年度繰越 : 0円 …翌年度には繰り越しません。
  • 不用額   : 1888万円

独立行政法人日本スポーツ振興センター一般勘定運営費交付金
  • 歳出予算額: 140.86億円 …全額支出済
独立行政法人日本スポーツ振興センター施設整備費補助金
  •  歳出予算額: 3.20億円
  •  前年度繰越: 6439万円
  • 歳出予算現額: 3.85億円
  • 支出済額  : 3.82億円
  • 翌年度繰越 : 0円
  • 不用額   : 235万円
独立行政法人日本スポーツ振興センター出資金」
  • 歳出予算額: 125億円 …全額支出済

スポーツ庁の歳出予算現額の約63%、支出済歳出額の約66%が、「スポーツ振興センター」関連に支出されている、ということになります。交付金+出資金で約266億円。この内容については、「スポーツ振興センター」の会計を見る必要があるでしょう。


歳出–文部科学省文化庁

文化庁

  •  歳出予算額: 1124.63億円
  •  前年度繰越: 75.75億円
  •  予備費使用: 15.53億円
  • 歳出予算現額: 1215.91億円
  • 支出済額  : 1041.95億円
  • 翌年度繰越 : 126.61億円
  • 不用額   : 37.35億円
文化庁共通費」
  • 歳出予算額: 26.62億円
  • 支出済額 : 26.29億円
  • 不用額  : 3318万円
「文化振興費–文化芸術振興委託費」
  • 歳出予算額: 80.47億円
  • 支出済額 : 77.79億円
  • 不用額  : 2.68億円
「文化振興費–文化芸術振興費補助金
  • 歳出予算額: 100.06億円
  • 支出済額 : 95.76億円
  • 不用額  : 4.30億円
日本芸術院
  • 歳出予算額: 4.77億円
  • 支出済額 : 4.47億円
  • 不用額  : 3077万円
独立行政法人国立美術館運営費交付金
  • 歳出予算額: 75.01億円 …全額支出済
独立行政法人日本芸術文化振興会運営費交付金
  • 歳出予算額: 100.53億円 …全額支出済

文化財保存事業費」
  •  歳出予算額: 534.75億円
  •  前年度繰越: 24.28億円
  •  予備費使用: 15.53億円
  • 歳出予算現額: 574.56億円
  • 支出済額  : 461.93億円
  • 翌年度繰越 : 100.40億円
  • 不用額   : 12.23億円

予備費使用額は、熊本地震復旧等予備費の使用額」とのこと。

独立行政法人国立文化財機構運営費交付金
  • 歳出予算額: 83.88億円 …全額支出済

「国際文化交流推進費」
  • 歳出予算額: 21.76億円
  • 支出済額 : 20.07億円
  • 不用額  : 1.69億円

以上が文部科学省所管の歳出決算の主な項目になります。

 

2016(平成28)年度一般会計決算を読む(その12)財務省所管

ここからは、財務省所管の決算を見ていきます。

歳出–財務省

財務省

  •  歳出予算額: 25兆0887.36億円
  •  前年度繰越: 65.88億円
  •  予備費使用額: 128.80億円
  •  予備費使用額: -2795.80億円
  • 歳出予算現額: 24兆8286.24億円
  • 支出済額  : 24兆2355.31億円
  • 翌年度繰越 : 50.59億円
  • 不用額   : 5880.35億円

予備費使用額」にマイナスの金額がありますが、このうち2477億円が「熊本地震復旧等予備費使用額」として、総務省を始め各省庁に移管されている支出になります。
その他の予備費使用額として、319.17億円が、各省庁へ移管されています。

財務省の歳出で最も大きなものはやはり国債費、になります。国債費は、事務費などを除いてほとんど全てが特別会計に繰り入れられています。

国債
  • 歳出予算額: 22兆3351.85億円
  • 支出済額 : 22兆0855.93億円
  • 不用額  : 2495.93億円

社会保障関係費」には、「年金給付費」「生活扶助等社会福祉費」を合わせた歳出です。

社会保障関係費
  • 歳出予算額: 631.62億円
  • 支出済額 : 631.62億円
  • 不用額  : 0円

歳出–財務本省

財務本省

  •  歳出予算額: 24兆2329.38億円
  •  前年度繰越: 27.98億円
  •  予備費使用額: 128.80億円
  •  予備費使用額: -2795.80億円
  • 歳出予算現額: 23兆9690.37億円
  • 支出済額  : 23兆3981.37億円
  • 翌年度繰越 : 22.06億円
  • 不用額   : 5686.93億円
<事項別・財務本省一般行政に必要な経費> …人件費、旅費、事務費など
  • 歳出予算額: 552.10億円
  • 支出済額 : 535.97億円
  • 不用額  : 16.12億円
<事項別・貨幣交換差減補填金に必要な経費>
  • 歳出予算額: 341.33億円
  • 支出済額 : 126.88億円
  • 不用額  : 214.45億円
<事項別・貨幣の製造等に必要な経費>
  • 歳出予算額: 147.90億円
  • 支出済額 : 147.82億円
  • 不用額  : 736万円
「財政健全化推進費」
  • 歳出予算額: 105.98億円
  • 支出済額 : 100.06億円
  • 不用額  : 5.92億円

この中には「予算編成事務等機械化庁費」「歳入歳出関係事務機械化庁費」が含まれています。

「経済協力費」
  • 歳出予算額: 1629.82億円
  • 支出済額 : 1627.74億円
  • 不用額  : 2.09億円

これは「政府開発援助」という名前のついた項目への支出になります。ODAへの支出、ということになるのでしょうか。この中には、「政府開発援助アジア開発銀行等拠出金」「政府開発援助独立行政法人国際協力機構有償資金協力部門出資金」「政府開発援助米州投資公社出資金」が含まれています。
…「米州投資公社」なんて公社が、あるんですね。

「政策金融費」
  • 歳出予算額: 1316.16億円
  • 予備費使用額: 128.80億円
  • 歳出予算現額: 1444.96億円
  • 支出済額  : 1444.79億円
  • 不用額   : 1708万円

ここでの「予備費使用額」は、「熊本地震復旧等予備費の使用額」とされています。他省庁へ移管した分ではなく、財務省所管分として計上されたもの、ということになりますか。
「政策金融費」は、その殆どが「株式会社日本政策金融公庫出資金」として支出され、また予備費もこの項目に当てられています。

「復興事業費等東日本大震災復興特別会計へ繰入れ」
  • 歳出予算額: 6999.03億円
  • 支出済額 : 6999.03億円
  • 不用額  : 0円


財務省には、外局として「国税庁」があります。また、財務本省下の地方支分部局として「税務局」「税関」があり、それぞれ個別に予算計上をしています。

歳出–財務省–財務局

財務局

  •  歳出予算額: 570.84億円
  •  前年度繰越: 21.47億円
  • 歳出予算現額: 592.31億円
  • 支出済額  : 540.49億円
  • 翌年度繰越 : 8.60億円
  • 不用額   : 43.22億円

メインは殆ど人件費、事務費用です。

「財務局共通費」
  • 歳出予算額: 438.04億円
  • 支出済額 : 424.57億円
  • 不用額  : 13.47億円
「財務局業務費」
  •  歳出予算額: 132.05億円
  •  前年度繰越: 21.47億円
  • 歳出予算現額: 153.52億円
  • 支出済額  : 115.45億円
  • 翌年度繰越 : 8.60億円
  • 不用額   : 29.47億円


歳出–財務省–税関

税関

  •  歳出予算額: 1001.60億円
  •  前年度繰越: 4.38億円
  • 歳出予算現額: 1005.98億円
  • 支出済額  : 972.22億円
  • 翌年度繰越 : 6.81億円
  • 不用額   : 26.95億円
「税関業務費」
  •  歳出予算額: 313.65億円
  •  前年度繰越: 3.44億円
  • 歳出予算現額: 317.09億円
  • 支出済額  : 287.95億円
  • 翌年度繰越 : 6.81億円
  • 不用額   : 22.33億円

面白いのは、税関に「船舶建造費」が計上されていることです。海上での検査とかのためでしょうか。

「船舶建造費」
  • 歳出予算額: 8.84億円
  • 支出済額 : 8.49億円
  • 不用額  : 3498万円


歳出–財務省国税庁

国税庁

  •  歳出予算額: 6985.54億円
  •  前年度繰越: 12.04億円
  • 歳出予算現額: 6997.58億円
  • 支出済額  : 6861.23億円
  • 翌年度繰越 : 13.11億円
  • 不用額   : 123.25億円
国税庁共通費」
  • 歳出予算額: 5712.71億円
  • 支出済額 : 5613.69億円
  • 翌年度繰越: 5330万円
  • 不用額  : 98.49億円
「税務業務費」
  • 歳出予算額: 1189.23億円
  • 支出済額 : 1167.48億円
  • 不用額  : 21.74億円

税務業務費の中に、「単式蒸留しょうちゆう製造業近代化事業費等補助金」というのがあります。これ何でしょうかねえ。誰か調べたり、してくれないかな、と思ったり(他力本願)。

「単式蒸留しょうちゆう製造業近代化事業費等補助金
  • 歳出予算額: 6.01億円
  • 支出済額 : 5.59億円
  • 不用額  : 4227万円

国税不服審判所」
  • 歳出予算額: 48.38億円
  • 支出済額 : 46.70億円
  • 不用額  : 1.68億円
独立行政法人酒類総合研究所運営費交付金
  • 歳出予算額: 9.77億円
  • 支出済額 : 9.77億円
  • 不用額  : 0円

以上が、国税庁所管の決算報告書の主な項目になります。

 

ここまでが、財務省所管の決算の、主な項目になります。

 

2016(平成28)年度一般会計決算を読む(その11)外務省所管

ここからは、外務省の歳出決算を見ていきます。外務省の構成はシンプルで、「外務本省」と「在外公館」に分かれます。

外務省所管合計

  •  歳出予算額: 9050.67億円
  •  前年度繰越: 1090.08億円
  •  予備費使用額: 10.00億円
  • 歳出予算現額: 1兆0151.46億円
  • 支出済額: 8924.16億円
  • 翌年度繰越: 1067.93億円
  • 不用額: 159.38億円


歳出–外務本省

外務本省合計

  •  歳出予算額: 7606.58億円
  •  前年度繰越: 1077.08億円
  •  予備費使用額: 10.00億円
  • 歳出予算現額: 8693.66億円
  • 支出済額:  7541.35億円
  • 翌年度繰越: 1049.58億円
  • 不用額: 102.73億円
「外務本省共通費」
  •  歳出予算額: 549.41億円
  •  前年度繰越: 17.45億円
  • 歳出予算現額: 566.86億円
  • 支出済額:  547.26億円
  • 翌年度繰越: 1.45億円
  • 不用額:  18.15億円
「地域別外交費」
  •  歳出予算額: 44.12億円
  •  前年度繰越: 7.08億円
  • 歳出予算現額: 51.20億円
  • 支出済額:  39.37億円
  • 翌年度繰越: 6.18億円
  • 不用額:  5.64億円
「分野別外交費」
  •  歳出予算額: 145.69億円
  •  前年度繰越: 27.04億円
  • 歳出予算現額: 172.73億円
  • 支出済額:  162.70億円
  • 翌年度繰越: 0円
  • 不用額:  10.03億円
「広報文化交流及報道対策費」
  •  歳出予算額: 67.89億円
  •  前年度繰越: 19.79億円
  • 歳出予算現額: 87.68億円
  • 支出済額:  65.68億円
  • 翌年度繰越: 20.14億円
  • 不用額:  1.87億円
独立行政法人国際交流基金運営費」
  • 歳出予算額: 170.13億円
  • 支出済額:  170.13億円
  • 不用額:  0円

これは、全額が交付金として国際交流基金に移されています。

「領事政策費」
  • 歳出予算額: 117.45億円
  • 支出済額:  115.93億円
  • 不用額:  1.52億円
「経済協力費」
  •  歳出予算額: 1791.09億円
  •  前年度繰越: 1002.98億円
  • 歳出予算現額: 2794.07億円
  • 支出済額:  1741.54億円
  • 翌年度繰越: 1021.81億円
  • 不用額:  30.72億円

この項目については、細目が気になるところです。

独立行政法人国際協力機構運営費」
  • 歳出予算額: 1554.50億円
  • 支出済額:  1554.50億円
  • 不用額:  0円

これも、全額が交付金として国際協力機構へ移されています。

「政府開発援助経済協力国際機関分担金」
  • 歳出予算額: 157.82億円
  • 支出済額:  157.25億円
  • 不用額:  5650万円
「経済協力国際機関分担金」
  • 歳出予算額: 405.86億円
  • 支出済額:  405.69億円
  • 不用額:  1741万円

このふたつの分担金の違いは、なんなんでしょう。「政府開発援助」と頭についている歳出は、「ODA枠」として計上されているもの、らしいです。

「国際機関分担金」
  • 歳出予算額: 898.33億円
  • 支出済額:  871.26億円
  • 不用額:  27.06億円
「政府開発援助国際機関分担金」
  • 歳出予算額: 56.28億円
  • 支出済額:  54.26億円
  • 不用額:  2.02億円
「国際機関等拠出金」
  •  歳出予算額: 55.72億円
  •  予備費使用: 10.00億円
  • 歳出予算現額: 65.72億円
  • 支出済額:  65.31億円
  • 不用額:  4099万円
「政府開発援助国際機関等拠出金」
  • 歳出予算額: 14.00億円
  • 支出済額:  12.06億円
  • 不用額:  38円
国際原子力機関分担金」
  • 歳出予算額: 51.38億円
  • 支出済額:  51.38億円
  • 不用額: 1286円
「政府開発援助国際原子力機関拠出金」
  • 歳出予算額: 12.06億円
  • 支出済額:  12.06億円
  • 不用額: 38円

いろいろ、国際機関の分担金、拠出金などが計上されています。これも「その中身が知りたい」項目になります。

以上が、外務本省の歳出になります。本省以外の歳出は、「在外公館」の歳出、ということになります。


歳出–外務省–在外公館

在外公館合計

  •  歳出予算額: 1444.09億円
  •  前年度繰越: 13.72億円
  • 歳出予算現額: 1457.81億円
  • 支出済額:  1382.81億円
  • 翌年度繰越: 18.35億円
  • 不用額:  56.65億円
「在外公館共通費」
  •  歳出予算額: 1310.58億円
  •  前年度繰越: 1320万円
  • 歳出予算現額: 1310.71億円
  • 支出済額:  1263.56億円
  • 翌年度繰越額: 0円 …繰り越してないですね。
  • 不用額:47.15億円
「在外公館施設費」
  •  歳出予算額: 45.46億円
  •  前年度繰越: 13.58億円
  • 歳出予算現額: 59.04億円
  • 支出済額:  37.05億円
  • 翌年度繰越: 18.35億円
  • 不用額:  3.64億円
「地域別外交費」
  • 歳出予算額: 8.09億円
  • 支出済額:  6.82億円
  • 不用額:  1.27億円
「分野別外交費」
  • 歳出予算額: 6.74億円
  • 支出済額:  5.28億円
  • 不用額:  1.46億円
「広報文化交流及報道対策費」
  • 歳出予算額: 18.75億円
  • 支出済額:  17.83億円
  • 不用額:  9228万円

「不用額を生じたのは、日本ブランド発信事業において事業内容の見直しによる事業計画の変更をしたことにより、啓発宣伝費を要することが少なかったこと等のため」との説明があります。

「経済協力費」
  • 歳出予算額: 11.13億円
  • 支出済額:  10.18億円
  • 不用額:  9575万円
「領事政策費」
  • 歳出予算額: 43.33億円
  • 支出済額:  42.09億円
  • 不用額:  1.25億円

「領事政策費」の中に、「海外邦人援護短期貸出金」という科目があります。外務省予算決算の中で、「海外邦人」と名のつく科目は、これしかないようです。

「海外邦人援護短期貸出金」
  • 歳出予算額: 2000万円
  • 支出済額:  1463万円
  • 不用額:  537万円

 

以上が外務省所管の歳出決算になります。

 

2016(平成28)年度一般会計決算を読む その10(法務省)

歳出–法務省

ここからは、法務省の歳出決算報告を読んでいきます。


法務省所管合計

  •  歳出予算額: 7664.9億円
  •  前年度繰越: 116.5億円
  •  予備費使用: 256.1億円
  • 歳出予算現額: 8037.4億円
  • 支出済額: 7758.9億円
  • 翌年度繰越: 160.3億円
  • 不用額: 118.3億円


歳出–法務省–法務本省

法務本省

  •  歳出予算額: 2069.09億円
  •  前年度繰越: 8.98億円
  •  予備費使用: 256.06億円
  • 歳出予算現額: 2414.92億円
  • 支出済額: 2210.05億円
  • 翌年度繰越: 149.30億円
  • 不用額: 55.57億円
「司法制度改革推進費」
  • 歳出予算額: 166.36億円
  • 支出済額: 162.87億円
  • 不用額: 3.49億円
「日本司法支援センター運営費交付金
  • 歳出予算額: 145.22億円
  • 支出済額: 145.22億円
  • 不用額: 0円
「検察企画調整費」
  • 歳出予算額: 4422万円
  • 支出済額: 3263万円
  • 不用額: 1159万円
「矯正企画調整費」
  • 歳出予算額: 1.31億円
  • 支出済額: 1.11億円
  • 不用額: 2000万円
「更生保護企画調整推進費」
  •  歳出予算額: 4.42億円
  •  前年度繰越: 2.74億円
  • 歳出予算現額: 7.16億円
  • 支出済額: 5.69億円
  • 翌年度繰越: 1.29億円
  • 不用額: 1826万円
「債権管理回収業審査監督費」
  • 歳出予算額: 973万円
  • 支出済額: 871万円
  • 不用額: 102万円
「人権擁護推進費」
  • 歳出予算額: 14.46億円
  • 支出済額: 14.46億円
  • 不用額: 382円
「訟務費」
  •  歳出予算額: 18.38億円
  •  前年度繰越: 1874万円
  •  予備費使用: 256.06億円
  • 歳出予算現額: 274.63億円
  • 支出済額: 273.21億円
  • 不用額: 1.42億円
出入国管理企画調整推進費」
  • 歳出予算額: 12.37億円
  • 支出済額: 11.26億円
  • 不用額: 1.11億円


歳出–法務省法務総合研究所

法務総合研究所」は、法務本省の部局とは独立した機関として設置されています。

法務総合研究所

  •  歳出予算額: 20.23億円
  •  前年度繰越: 2247万円
  • 歳出予算現額: 20.46億円
  • 支出済額: 19.54億円
  • 不用額: 9138万円
「国際協力推進費」
  • 歳出予算額: 2.26億円
  • 支出済額: 2.05億円
  • 不用額: 2117万円


歳出–法務省検察庁

最高検察庁」及びその下部機関は、法務省内の「特別の機関」と位置づけられています。

検察庁

  •  歳出予算額: 1080.44億円
  •  前年度繰越: 2.82億円
  • 歳出予算現額: 1083.25億円
  • 支出済額: 1065.59億円
  • 不用額: 17.66億円
「検察費」
  • 歳出予算額: 49.99億円
  • 支出済額: 47.22億円
  • 不用額: 2.77億円


歳出–法務省–矯正官署

矯正官署

  •  歳出予算額: 2334.62億円
  •  前年度繰越: 2916万円
  • 歳出予算現額: 2334.92億円
  • 支出済額: 2324.39億円
  • 翌年度繰越: 2838万円
  • 不用額: 7.68億円
「矯正収容費」
  • 歳出予算額: 466.33億円
  • 支出済額: 464.32億円
  • 不用額: 2.02億円
「矯正施設民間開放推進費」
  • 歳出予算額: 159.58億円
  • 支出済額: 157.93億円
  • 不用額: 1.65億円

以上は「矯正官署」の「科目別内訳」で、職員の給与や手当てなど、全体でまとめて表記されていますが、決算書には「事項別内訳」というのがあり、その中には以下のような内訳が表記されています。

<事項別・刑事施設に必要な経費>
  •  歳出予算額: 1321.97億円
  •  流用増額: 1.89億円
  • 歳出予算現額: 1323.87億円
  • 支出済額: 1322.52億円
  • 差引額: 1.34億円
<事項別・少年院に必要な経費>
  •  歳出予算額: 183.17億円
  •  流用減額: 1.21億円
  • 歳出予算現額: 181.96億円
  • 支出済額: 181.75億円
  • 差引額: 2050万円
<事項別・少年鑑別所に必要な経費>
  •  歳出予算額: 94.77億円
  •  流用減額: 2169万円
  • 歳出予算現額: 94.55億円
  • 支出済額: 94.32億円
  • 差引額: 2336万円


歳出–法務省–更生保護官署

更生保護官署

  •  歳出予算額: 255.96億円
  •  前年度繰越: 1.39億円
  • 歳出予算現額: 257.35億円
  • 支出済額: 253.49億円
  • 翌年度繰越: 0円
  • 不用額: 3.86億円
「更生保護活動費」(保護観察等、医療観察に必要な経費)
  •  歳出予算額: 123.37億円
  •  前年度繰越: 1.39億円
  • 歳出予算現額: 124.77億円
  • 支出済額: 122.12億円
  • 翌年度繰越: 0円
  • 不用額: 2.65億円


歳出–法務省–法務局

法務局

  •  歳出予算額: 1255.09億円
  •  前年度繰越: 2.01億円
  • 歳出予算現額: 1257.11億円
  • 支出済額: 1239.50億円
  • 翌年度繰越: 1.09億円
  • 不用額: 16.52億円
「登記事務処理費」
  • 歳出予算額: 503.13億円
  • 支出済額: 490.53億円
  • 翌年度繰越: 1.09億円
  • 不用額: 11.52億円
「国籍等事務処理費」
  • 歳出予算額: 19.22億円
  • 支出済額: 18.40億円
  • 不用額: 8153万円
「人権擁護活動費」
  • 歳出予算額: 18.15億円
  • 支出済額: 17.76億円
  • 不用額: 3959万円


歳出–法務省–地方入国管理官署

地方入国管理官署

  •  歳出予算額: 502.45億円
  •  前年度繰越: 19.42億円
  • 歳出予算現額: 521.88億円
  • 支出済額: 501.32億円
  • 翌年度繰越: 6.52億円
  • 不用額: 14.04億円
出入国管理業務費」
  •  歳出予算額: 225.27億円
  •  前年度繰越: 18.78億円
  • 歳出予算現額: 244.04億円
  • 支出済額: 225.22億円
  • 翌年度繰越: 6.52億円
  • 不用額: 12.30億円


法務省には、外局として「公安審査委員会」「公安調査庁」があります。

歳出–法務省公安審査委員会

公安審査委員会

  • 歳出予算額: 6215万円
  • 支出済額: 5834万円
  • 不用額: 380万円

全部人件費と事務費ですな。


歳出–法務省公安調査庁

公安調査庁

  •  歳出予算額: 146.41億円
  •  前年度繰越: 5287万円
  • 歳出予算現額: 146.94億円
  • 支出済額: 144.39億円
  • 翌年度繰越: 5616万円
  • 不用額: 2.00億円
「破壊的団体等調査費」
  •  歳出予算額: 24.45億円
  •  前年度繰越: 5287万円
  • 歳出予算現額: 24.98億円
  • 支出済額: 24.34億円
  • 翌年度繰越: 5616万円
  • 不用額: 797万円

以上が、法務省所管の歳出決算になります。